頭痛を知ろう

頭痛持ちにとって、
頭痛は、とてもやっかいな敵です。

まずは、頭痛、というものを知りましょう。

頭痛2.png

一口に頭痛といっても、
種類はさまざまです。

  • 一次性頭痛

特に病気というわけではないのに
繰り返し起きる頭痛のことです。
いわゆる「頭痛持ち」の頭痛で、
首や頭部周辺の筋肉の緊張や、
頭部の血管の拡張などによって
起こります。

一次性頭痛は
頭痛が起こるメカニズムを知り
上手に付き合っていくことが
重要になります。


  • 二次性頭痛

特定の病気が原因で起こる頭痛です。
二次性頭痛は原因となっている
病気の治療が重要です。

二次性の頭痛を起こす病気には、
クモ膜下出血や脳腫瘍(のうしゅよう)など
命に関わる危険なものがあります。

これまで経験したことがないような
強い頭痛が突然起きたりします。

手足の麻痺(まひ)、
しびれ・痙攣(けいれん)、
激しい嘔吐(おうと)、高熱など
を伴う頭痛が起きた時は
すぐに病院へ行く必要があります。

以下では、「一次性頭痛」について説明していきます。

一次性頭痛は、

  1. 緊張型頭痛
  2. 片頭痛
  3. 群発頭痛

などがあります。


緊張型頭痛と片頭痛の混在型も存在します。


1、緊張型頭痛
ギュー・ジワ〜ン

最も多く見られる頭痛です。
圧迫感や思い感じの痛みが特徴です。
年齢や性別を問わず、誰もが発症する可能性のある頭痛です。

無理な姿勢を続けたり、
長時間パソコン・スマホを
使うことによって
頭から肩の筋肉が緊張し、
血流が悪くなります。
そして、
乳酸などの疲労したときに出る物質が
筋肉に溜(た)まり、
これが神経を刺激して
痛みを引き起こします。

また、身体的なストレスが無くとも、
精神的なストレスのみが原因で
頭痛が起こるケースもあります。
精神的に緊張した状態が長期間続くと、
脳の痛みを調整する部分が
うまく働かなくなり、
頭痛を引き起こしてしまうのです。

後頭部を中心に
頭全体が締めつけられるような
重い痛みで、
朝から晩まで一定の鈍い痛みが続きます。

肩や首のこりを伴う人が多いです。
軽いめまいを伴うこともあります。

対策としては、
入浴などで首や肩周辺を温めたり、
ストレッチやマッサージをすると
筋肉の緊張がほぐれるので効果的です。

また、普段から長時間同じ姿勢に
ならないように気をつけましょう。


2.片頭痛
ズキンズキン

緊張型頭痛の次に多い頭痛です。
20代から40代の女性に特に多くみられます。
片側に起こることが多いです。
4〜72時間くらい持続することもあります。

頭部の血管が膨らむことによって
頭痛が起こるものと
三叉神経(顔面周辺の感覚を司どる)が
関係するものがあります。

頭部の血管が膨らむものは、
血液の成分である血小板から
セロトニン(血管を収縮させる作用を持つ)
が放出されて、
一旦脳の血管が縮みます。
その後、時間が経つとともに
セロトニンが少なくなることによって
一度縮んだ血管が逆に膨らむために
頭痛が起こるというものです。

三叉神経血管の方は、
三叉神経が何かしらの原因で
刺激されることにより、
三叉神経の末端から
血管を膨らませる作用をもつ
様々な神経伝達物質が分泌されます。
れらの働きで膨らんだ血管や、
それによって発生した炎症が
神経を刺激して
痛みが起こるというものです。

発作的に痛みがはじまり、
「ズキン、ズキン」
と脈打つような強い痛みで、
光や音に敏感になったり
吐き気などを伴います。

また、頭や体を動かすと、
ガンガンと頭に響いて
さらにひどくなる傾向があります。

頭痛が起こる前に、視野の中に
光が表れることも稀(まれ)にあります。

対策としては、
痛む部分を冷やし、
静かな部屋で休むことがお薦めです。
できれば横になりましょう。
また、我慢できないほどひどい場合は、
専門医の診察を受けることを
おすすめします。

また、こめかみを押さえて、
血流を阻害(そがい)することも有効です。


緊張型頭痛と片頭痛の混在型

緊張型頭痛は筋肉の収縮
片頭痛は血管の拡張で起こるのですが、
その両方を頻繁に起こす人もいます。

それぞれの症状の特徴を知り、
それに合った対応をするようにしましょう。

3.群発頭痛
ズド〜ン!
患者の多くが男性ですが、
その数は少なく、まれなタイプです。

目の後ろを通っている
内頸動脈が拡張して炎症が起きるため
発生します。

その原因は体内時計が関係している
のではないかと考えられています。

「目をえぐられるような」
と表現される激しい痛みです。
頭痛の中で最大級の痛みだそうです。

一度症状が出始めると、
1〜2カ月間、毎日のように
同じ時間に1〜2時間かけて頭痛が
起こります。

対策としては、
専門医を受診しましょう。
痛みが起こっている時期は、
飲酒や喫煙は控え、
日ごろから規則正しい生活を
心がけてください。


その他にも、
こんな頭痛もあります。

4.頭部神経痛
ビリビリッ・チクチク
電撃的な痛みが現れます。

5.低髄液圧性頭痛
ジーンジーン
髄液圧の低下で
血管や神経が引っ張られて痛みます。

6.労作性頭痛
グワーン・グワーン
ある特定の動作で頭痛が起こる




posted by かみん at 15:39 | Comment(0) | 知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。