頭痛と肩こり

頭痛と肩こりに
悩んでいる人は多いです。

頭痛と肩こりは密接な関係があります。

肩こりは
同じ筋肉だけを使いつづけると、
慢性的な緊張を強いられた肩の筋肉が
疲労することで起こります。
そして
肩の筋肉の中の血流が
悪くなり、
乳酸などの疲労物質が筋肉にたまり、
これが神経を刺激して
痛みを引き起こします。
それが頭痛です。

頭痛持ちの大半を占める
「緊張性頭痛」
と呼ばれるものです。

肩こりからくる頭痛を治すためには、
何故(なぜ)、
肩こりが発生するのかの原因を
知らなければなりません。

その原因の1つは、猫背です。

猫背は首に大きな負担をかけます。
猫背にならない工夫をすることが大切です。
そのためには、
まず普段使う椅子の調節です。

自分が姿勢が良い、
と思う位置に高さを調節してみてください。
そして、
机の本や書類、
パソコンの画面を見るとき、
猫背とは逆に
背中をそるような体形を維持しましょう。
お腹(なか)に力を入れないと、
維持が難しいので
慣れるまでは時間がかかりますが、
かなり効果があります。

また、見やすさはどうでしょう?
近視の場合、見にくさによって、
気がつかぬ間に猫背になってしまうので、
メガネやコンタクトレンズの
導入や調整も必要になります。

また、
普段の生活の中でも
やれることはあります。
その1つに運動です。

肩こりがある人は、
慢性的に運動不足になっている
可能性があります。
と、言っても野球・テニス・ゴルフなど
道具を持ったり、
片側に負担をかけるスポーツを
やっている場合は、
筋肉のバランスが偏り、
逆に肩こりになりやすいです。

そのときにおススメは、
全身運動です。
軽いものでストレッチ、
また、水泳などがいいかもしれません。
水中ウォーキングもおススメです。

お風呂で体を温めるのもよいでしょう。

また、
肩こりからくる頭痛の
別の原因は
歯のかみ合わせの歪(ゆが)みです。

歯のかみ合わせがずれていると
歯から、
頭蓋骨、
首、
肩、
背骨、
骨盤、
の順番で歪(ゆが)みが
連鎖していきます。
これは、骨の周りを取り囲んでいる
筋肉にも影響を与えます。
筋肉のつき方が左右でずれてしまい、、
体全体に慢性的な緊張を
もたらしてしまいます。
これが
慢性的な肩こりや頭痛を
引き起こしている
可能性も考えられます。

そのため、
歯の矯正をすることも
がおススメです。

歯の矯正は
他の治療に比べ、
割高ですが、
慢性的な頭痛による
薬代などの
治療費の総額に比べれば
安くなるはずなので、
建設的な投資ともいえます。








posted by かみん at 19:00 | Comment(0) | 改善する〜根本的な方法〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。