運動すると頭痛がする!?運動と頭痛の関係

運動をすると、頭痛になることがありませんか?

これは「労作性頭痛」
と呼ばれるものです。

通常は頭の両側がズキンズキンと痛み、
5分くらいでおさまることもあれば、
24時間続くこともあります。

サッカー、水泳、ラグビーなどの
激しい運動中や運動直後に起こる頭痛で、
「重量挙げ頭痛」とも呼ばれています。
暑い日や高地で運動した場合に
起こりやすくなります。

労作性頭痛の原因として
考えられているものは3つほどあります。

1つ目は血管の拡張です。
これは偏頭痛と同じ現象で、
主に脳の周りの血管が拡張して
周りの神経を刺激することによって
起きると言われています。

2つ目は頭蓋骨の周りの筋肉の
ダメージです。
この筋肉が運動や力仕事などを
行なった後で痛むために
頭痛が起きるのではないか
と言われています。

3つ目は髄液圧の上昇です。
脳の周辺には髄液という液体があり、
労作性頭痛はこの髄液の圧力が
高まる為に起きるのではないか
と言われています。
脳脊髄液減少症(低髄液圧症侯群)
とも言います。




posted by かみん at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 関係〜スポーツ〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。