知っておくべき!妊娠・授乳中の頭痛薬の服用

妊娠・授乳中の頭痛薬服用って
赤ちゃんにどんな影響があるか
不安ですよね。

特に強い薬を普段から使用している場合、
いざ妊娠したら
薬を飲めるのか、という心配が
あると思います。

その時のために
妊娠中の頭痛の知識をお伝えしたいと
思います。

まず、実は
片頭痛は多くの場合、
妊娠中には起こりません。
妊娠している間は
女性ホルモンの変動が
少なくなるからです。

人間の体のほとんどの期間は
妊娠初期の12週までにほぼ完成します。
そのため、
妊娠12週を過ぎるまで原則として
片頭痛治療は行わず
予防的治療も含めすべての服用を
中止します。

しかしまれに、妊娠半ばで
片頭痛に見舞われる女性もいます。
もしこの期間に激しい片頭痛発作が起き
母体に悪い影響が及ぶ、
と判断された場合には、
頓服薬として比較的安全性が高い
鎮痛薬のアセトアミノフェンが
使われることがあります。

それでも激しい発作が治まらないときには
患者さんと医師が充分に相談し、
トリプタン製剤を使用することも
あります。

ただし妊娠中の使用についての安全性は
確立されていません。
さらに、
アセチルサリチル酸(アスピリン)
を含む頭痛薬は避けられた方が
賢明でしょう。

また、
エルゴタミン製剤は
子宮を収縮させる作用があるので
妊娠中には使用できません。
妊娠中に予防的治療を行う場合には
予防薬としてビタミンB2は服用しても
構いません。

一方、授乳中に
トリプタン製剤を使用すると
わずかではありますが
トリプタン製剤が母乳に移行することが
報告されています。
そのため
トリプタン製剤を服用している人は
控えたほうが良いでしょう。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。