鎮痛薬の怖さ〜飲み続けたらどうなる?

頭痛といえば鎮痛剤。
鎮痛剤といえば頭痛(とか)。

頭痛持ちの方は、とても頻繁に
鎮痛剤を服用することが多いと思いますが
実は、鎮痛剤を服用し続けると
怖い副作用があることを
知っておいた方がいいでしょう。

鎮痛剤を飲み続けたらどうなるかと言うと
「胃癌(がん)」になる可能性が高いです。

鎮痛剤を飲み過ぎると
胃の粘膜が荒れてしまい、
ピロリ菌が繁殖しやすくなります。
このピロリ菌と言うのは
胃潰瘍や胃がんなどの
原因にもなると言われている細菌です。


そしてもう一つ。
鎮痛薬を利用していると
血小板という
出血をおさえる成分の働きが抑制され、
その結果、血が止まらなくなってしまいます。

頭ちょっとぶつけただけで
脳内出血も起こりやすくなります。

男性の場合、
髭をそった後とか血がバーッと出て
止まりにくいような事があります。

鎮痛剤を人を服用している女性の場合、
ちょっとしたことでも
胎盤が外れてしまうことがあります。
普通なら胎盤が外れかけると、
そこに血小板が詰まってきて
止血して出血を食い止めてくれるんですが
鎮痛剤を服用しているの女性は
せっかく妊娠しても流産しやすいのです。



タグ:鎮痛剤 流産
【病院治療〜薬のデメリットも理解しよう〜の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。