決まった時間に頭痛になる場合に、頭痛を改善する方法

いつも決まって同じ時間に
頭痛になる、ってころ
ありませんか?

それが仕事中だったりしたら
厄介ですよね。
これは体のリズムが、
その時間に悪い方に傾くからです。

特に、気圧の関係か夕方ごろ
具合悪くなる人が多いようです。

これは、
通常なら平気なはずが、
普段の疲れが溜まっているため、
体のリズムが悪い時間帯に、
具合悪さとして現れるのです。

おそらく、
残業がない時期
忙しくない時期
などはこのような辛さは
無いのではないでしょうか?

さて、解決方法ですが、
単純に「休養」を増やすことです。

もちろん、
栄養剤・エナジードリンク・ビタミン剤などを使えば
一時的には持つと思います。
しかし、
あくまで一時的なので、
長期的に残業が続く場合などは
いずれ体を壊しかねません。

では、忙しい中で
どうやって「休養」を
増やせばいいのか?

まずは、一日の時間の過ごし方を
振り返ってみましょう。
例えば、
夜10時くらいに仕事が終わって帰る場合
寝る時間は何時でしょうか?
起きる時間は?

なるべくなら、
夜12時前には
床につくようにしましょう。

やるべきことがある場合は、出来る限り
早起きして対応するのがいいと思います。

これは、夜12時前か、それ以降かで
同じ時間寝たとしても、
体の回復量が違うからです。

また、お昼休みには
可能でしたら昼寝をしましょう。

目安としては15分。
それ以上ですと、
返って調子が悪くなりますので
タイマーとかを使うとよいです。

そして休みの日の寝る時間ですが、
なるべく平日と同じようにしましょう。
夜更かし・寝貯めは
体のバランスを崩しかねません。

また、「休養」とは違いますが
その具合悪くなる時間帯は、
肩こりとから来る頭痛や体のだるさが
あると思います。
血流が滞っている状態です。

定期的にストレッチなどの運動を
取り入れるのも
効果があると思います。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。