頭痛と月経

特に女性が多いといわれる片頭痛。
それは、女性の生理(月経)と
深い関係があるのです。

片頭痛の8割は月経の前後に
悪化すると言われています。

月経前、月経後に大きな波があるのです。

このときに片頭痛が
起こりやすくなるのは、
エストロゲンの分泌量が低下することと
関係しています。

エストロゲンには
脳内のセロトニンを
増やす働きがあります。
エストロゲンが低下すると
セロトニンも減少します。

セロトニンとは神経の血管の収縮を
コントロールしたり、
痛みを抑えたり、
気分を安定させるなど
さまざまな働きをしている物質で、
これが減ると頭痛が起こりやすくなったり
痛みが敏感になったりするのです。

また、月経前後は
女性ホルモンのバランスが崩れて、
自律神経の働きも低下しがちです。

自律神経は
血管の収縮や拡張など
体のさまざまな生理機能を
司どっているため、
自律神経が乱れると
脳の血流にも異変が起きて
片頭痛が起こりやすくなります。





posted by かみん at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 関係〜生理〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。