とっても大事!頭痛の種類の見分け方

頭痛を治すために
頭痛の種類を見極めるのは
非常に大切です。


なぜなら、頭痛の種類によって
治療法が
全く逆効果になりかねないからです。


例えば、頭痛が酷いからといって
頭を冷やすとします。

これは片頭痛には有効な方法ですが、
緊張性頭痛の場合には
余計に筋肉を収縮させ
逆効果になってしまいます。

また、
お風呂に入ったりマッサージをすることで
頭痛を和らげようとします。

これは、緊張性頭痛には有効な方法ですが
偏頭痛の場合には
血管を広げてしまって
余計に悪化させてしますことにも
なりかねません。
(片頭痛もち人が
頭痛じゃないときにやれば
有効なんですけどね。。。)

慢性的に起きる頭痛の場合、
大きく分けて、
筋収縮性と血管性に分けられます。
(重篤な疾患から来る頭痛は除きます)



・筋収縮性頭痛
後頭部や首、肩などの筋肉が
異常収縮することが
直接的な原因で起こる頭痛です。

症状として、
バンドで締め付けられているかのような
強い頭重感や圧迫感があります。

筋肉の収縮によって起きたり、
強い精神的ストレスによっても
起こりやすいです。


・血管性頭痛
ズキンズキンとする痛みが特徴です。
代表的なのが片頭痛です。

痛みが発作的に繰り返し起こり、
はじめの内は片側だけで起きるので
片頭痛と言われていますが、
しだいに頭全体に痛みが及ぶようになります。

痛みが起きる数時間〜数日前から、
目まいや耳鳴りなどの
前兆的な症状が見られる事が多いです。






あなたの頭痛が
どちらのタイプの頭痛か判断してから、
対処方法を探せば
より的確な方法が見つかりますよ。




posted by かみん at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知る〜見分け方〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。