頭痛と腹痛が同時に起こるとき

頭痛と腹痛が同時に起こるという病気は、
あまり多くはありませんが、
色々な原因が考えられます。

とはいえ、ほとんどの頭痛と腹痛が
同時に表われる病気は、
お腹に関係したものが多く、
頭に関係した病気は割と少ないです。

そのため、頭痛と腹痛が
同時に表われた場合は
まずお腹の病気を考えましょう。

またストレスが原因でも
頭痛と腹痛の症状が
同時に表われることがあります。

腹痛が周期的におきている場合、
胃や腸などの消化管などが
拡張、伸展、筋肉の痙攣、炎症などにより
痛みを感じている状態です。

熱や頭痛も
人体に有害なものが入ってきたため、
それを追い出すための副次作用です。


以下に、頭痛と腹痛が同時に起きた場合に
考えられる病気を列挙します。


・感染症
これは風邪なども含めますが
人体に有害なものが入ってきたため
それを追い出すために、
胃腸が活発に動いて
腹痛を引き起こすことがあります。


・食中毒
頭痛と腹痛が表われる前に
食べた物によって
発症している可能性があります。
食中毒の症状には
頭痛や腹痛はもちろんのこと、
発熱や寒気、
体がだるい、
嘔吐
なども挙げられます。
速やかに病院へ行く必要があるでしょう。


・反復性腹痛
多い方で毎日、少ない方で
月に一回腹痛が起き、
それが3カ月以上続くという病気です。

この病気はお腹のどのあたりが痛いか、
ということによって判断され、
原因としては
消化性潰瘍、
胃や十二指腸潰瘍、
慢性の便秘、
炎症性腸疾患、
慢性膵炎
などが考えられます。

また心理的なストレスや過敏性腸症も
挙げられます。

処方された薬を飲むことによって
症状を緩和させることができます。


・心身症
精神的なストレスが原因で
身体的に様々な症状が
引き起こされる病気です。
薬を用いての治療が行われます。


・たばこの誤食・誤飲
たばこを間違えて食べてしまった
ことによる急性ニコチン中毒によっても
頭痛と腹痛が同時に起こります。




しかしやはり、
病気の正確な診断をするためには
病院で診察することが必要です。
まだ、症状が改善されていない場合は
病院に行くことをお勧めします。



posted by かみん at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 併発〜腹の調子も悪い〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。