目を動かすと頭痛がするメカニズム

眼を動かすと
頭痛が起きることがあります。

これはなかなか辛いですよね。

眼を動かすことからくる
頭痛について、
メカニズムは以下のようになります。

物を見るとき、
ピントは水晶体とその厚みを調節する
目の周りの筋肉の働きで行われます。

近くを見るときは
水晶体を厚くするために
その筋肉が収縮します。


PCやスマホの使用により
当然、近く見る時間が長くなれば、
筋肉のの持続的な収縮により
凝り(=疲労)が起こります。

そして、
眼球運動の少ない凝視や
頻繁に行う調節、
無理に見ようとして目を細める
ことにより凝りが悪化します。

この眼の筋肉の凝りから
眼球を動かすことにより
目の奥、こめかみ、目の周囲、前頭部が
痛むようになります。


また、
今まで頭痛が起こらなかったものが
環境の変化・体の老化により
起こることがあります。




posted by かみん at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 併発〜目も痛い〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。