春の頭痛〜緊張性頭痛

春は特に頭痛が起きやすい時期です。

暖かい状態から寒い状態に変わる、
またはその逆に、
寒い状態から暖かい状態に変わることで
体もそれに合わせようとします。

それに対応するために、
血管が収縮したり拡張したりします。

この動きが急に起こることで
神経を刺激してしまうことがあります。
これが頭痛の正体です。

「昨日まで暖かだったのに、今日は寒い」
と感じると、
血管の収縮が突然起こりますので、
頭が痛くなってくるのです。
風邪の引き始めのような
状態の痛さを感じたりします

このようなタイプの頭痛は
「緊張型頭痛」と呼ばれています。

血管の収縮が原因で、
筋肉に余計な力が加わるため、
じわじわとした痛みで、
長時間にわたって続くことが特徴です。
首筋や肩から
痛みが上ってくることもあります。

対処法はとしては、
基本的に
「体を温めること」です。
急に寒い日が続いて
頭痛が起こりだした場合は、
温めることが一番効果的です。

寒さが原因で、
血管の収縮で筋肉に余計な力が
加わってしまっていることも
考えられますので
それらを温めほぐすことが重要です。

防寒対策をして
体を冷やさないことも予防になります。

また、帰宅後に
ゆっくりと湯船につかることも
頭痛だけでなく、
冷え性にも効果がありますので
実践してみましょう。

体を温めるための
ストレッチや軽めの運動、
肌着をしっかり着て
体の熱を逃がさないことも
頭痛を抑えることができます。

急な血管の収縮と拡張を
避けること。
それだけでも
頭痛の起こり具合が変わってきます。




タグ:緊張性頭痛
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。