ちょっとしたストレスで頭痛になる

ちょっとしたことでも
頭痛になりやすい、
そんな体質の人もいます。

"運転していて危ないシーンにあったりするだけでも頭痛"
"階段を昇り降りするだけでも頭痛"
などなど

そのような人は
ストレス過敏により
血管が拡張し、
周りの神経を圧迫することで
頭痛が起きている可能性があります。

"運転していて危ないシーンにあったりするだけでも頭痛"

緊張で交感神経が働き、
一瞬血管が縮小するが、
その反動で血管が拡張する

"階段を昇り降りするだけでも頭痛"

運動により全身が酸素不足になり
その酸素を供給するために血管が拡張する


頭痛には色々種類がありますが、
これら血管が拡張して起こる頭痛は
いわゆる「片頭痛」と同じ種類です。

これらを解消させるためには、
日々のストレスを減らしたり、
マグネシウムを摂取することが
必要になります。

マグネシウムには
血管収縮を起こす
血小板からのセロトニンの
異常な放出を抑える役割があります。
そのため、
マグネシウムの量がいつもよりも
減少することで
セロトニンの量が大量に分泌されて
収縮された血管が一気に拡張し、
片頭痛を引き起こすのです。

また、
自然な血管の収縮を調節する他にも、
カルシウムがどこかの細胞に
長時間とどまり、
その細胞周辺の血管が
緊張してしまった場合にも
血管の緊張を和らげる効果があります

マグネシウムは
豆類、魚介類、海藻類など
に含まれていますが、
日常で摂取するのは大変です。

サプリメントの摂取も
お勧めします。

ただ、これはあくまで可能性の話であり、
他の病気の可能性もあります。

ですので、
頭痛外来などで
頭痛の原因を探るのも
大切です。




posted by かみん at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 関係〜ストレス〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。