頭痛が長く続く場合に考えられる病気

頭痛が長く続く、
あなたにも経験ありませんか?

通常、「長い頭痛」の場合、
慢性的なものが多く、
危険度は少ない場合がほとんどです。

しかし、
痛みの周期は
人によりほぼ一定のため、
通常より大幅に痛みの時間が長い場合には
別の病気に原因がある可能性が
考えられます。

○骨盤の歪み
背中も痛むなどの症状があれば、
骨の歪みにより神経を圧迫しているため
痛みが発生していると思われます。

これは歪みが治るまでは
ずっと続いてしまうので
整体院などでの治療が必要です。

また、お風呂などで体を温めると
痛みが和らぐことがあります。


○虫歯
虫歯が原因で頭痛が
起きることがあります。

歯の神経が炎症を起こし、
歯だけでなく、
頭全体に痛みが広がっているのです。


○片頭痛
ズキンズキンと、脈と同じリズムで
痛みがある場合、
片頭痛の可能性があります。

脳の血管が拡張し、
周辺の神経を刺激することにより
痛みが出る頭痛です。

女性に多い頭痛とされており、
気圧や季節の変わり目、
うるさい音や強い光によって
引き起こされます。

痛みの前に
視界に強い光が見えたり
視界の半分が見えなくなる
予兆があります。


○群発頭痛
何の前触れもなく、
激痛が走る場合、
群発頭痛の可能性があります。
脳に走っている動脈の炎症により、
痛みが発生する頭痛です。
目の裏を耐えがたい痛みを襲うのが特徴で
男性に多くみられます。

まだ、そのメカニズムは解明されていない
のが現状です。


○緊張性頭痛
首筋などの筋肉のこりが原因で
起こる頭痛です。

ズーンと重い痛みが
長時間続くのが特徴です。

デスクワークなどで
長時間同じ姿勢をとっていると
発症するとされています。


○混合型頭痛
片頭痛のズキズキとした
痛みが終わったと同時に、
緊張性頭痛のズーンという
痛みが襲ってくる頭痛を
混合型頭痛といいます。

主な原因として、
片頭痛と緊張性頭痛の
どちらかの薬の飲みすぎにより、
自律神経に乱れが生じ
混合型頭痛に発展するといわれています。


○脳腫瘍
強いズキズキとした痛みや
後頭部から首筋にかけて
違和感を覚えたりします。
ひどいときは、
視界に異常が出たり
吐き気を伴うことがあります。
その痛みは段々とひどくなります。

脳腫瘍による頭痛は、
早期の治療が大切です。
痛みが日に日にひどくなる場合は、
すぐに医師に相談し、
詳しく診療してもらいましょう。




posted by かみん at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 特徴〜長く続く〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。