こめかみ、後頭部、目の奥が痛い場合

頭痛の中でも
こめかみ、後頭部、目の奥が痛い、
まぶたが少し腫れぼったい
と言う場合、
色々な病気の可能性があります。

ですので、
まずは頭痛外来を受診して
原因をある程度特定してから
専門医に見てもらうことを
お勧めしますが、
病気としては
下の可能性が考えられます。
または、これらが併発している状態かも
しれません。

○副鼻腔炎
鼻の奥にある副鼻腔と呼ばれる
空間に腫瘍(蓄膿)ができ、
そこから目の痛みや頭痛を
引き起こします。

○三叉神経痛
顔の中を通っている
太い神経のことを
三叉神経といいますが
なんらかの理由で
この神経が圧迫されて
痛みを感じることです。

○緑内障
眼圧が上がることによって
引き起こされる病気で
視野や視力に障害が起こる病気です。
慢性緑内障の場合、
なかなか気がつきにくいです。
目の周りの視神経を圧迫するので
頭痛も引き起こすことがあります。

○片頭痛
慢性頭痛の一つで
頭の血管が拡張することで
周りの神経を圧迫し、
頭痛を引き起こす病気です。

○脳腫瘍・くも膜下出血
脳の内部に腫瘍や出血が起こる
命に関わる病気です。
初期症状で頭痛が起こります。
命に関わりますので
一刻も早い治療が必要です。

○眼精疲労(ストレス性の筋肉疲労)
目の酷使、またはストレスが原因で
目のまわりの筋肉が疲れた状態に
あることです。
眼球は6本の筋肉に支えられており
眼球が長時間同じ位置で
動きがない状態が続くと
筋肉疲労を起こします。

○風邪・花粉
ありふれたこの病気でも
頭痛は引き起こします。
特に、この気候の変動が
激しい時期にはかかりやすいです。
また、鼻や目の他の病気も
引き起こす可能性があります。

痛みについては
アイスノンなどで
痛む部分を冷やしてみましょう。
いくらかは
症状が和らぐと思います。



posted by かみん at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。