勃起薬で頭痛になるのは何故?

男性で勃起薬を利用する人は
いると思いますが、
その勃起薬で頭痛になることがあります。

のぼせたり、光が眩しく感じたり
することもあります。


頭痛がするのは、
勃起薬には、血管拡張作用があるためです。
その血管拡張作用が
陰茎だけではなく、
身体の他の部位にも及ぼします。

血管拡張が頭部でも起こったため、
血管の周りの神経が圧迫され
頭痛が引き起こされるのです。

のぼせたりするのも
血管拡張により
頭部において
血流が一時的に多くなったため、
光が眩しく感じたりするのも
頭部の血管拡張により、
脳の視床下部が影響を受けたためです。

これら症状は、基本的に
効果時間のみ継続する
一過性の症状です。

効果が消失するとともに、
血管拡張性の頭痛は無くなります。

また、頭痛が起きないように
勃起薬と頭痛薬の併用することも
あると思いますが、
基本的に問題ありませんので、
勃起薬による頭痛が長く続く場合は
頭痛薬も服用するのも効果的です。

しかし、持続時間が経過しても
頭痛が継続している場合は、
薬以外による頭痛の可能性もあるため、
この場合、医師への相談が必要です。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。