勃起薬で頭痛にならないために

勃起薬で頭痛などの
副作用があることがあります。

そんなとき、
なるべく副作用が起きないように
したいですよね。

そのために、
勃起薬の有名どころについて
特徴を知っておきましょう。

○レビトラ
日本では2004年にドイツの製薬会社で
発売され、
バイアグラ50mg錠を、
レビトラ20mg錠が
凌ぐほどの強力な薬です。
バイアグラよりも効き目が早く、
効果も強いです。
持続時間も約8時間と
かなり長持ちします

ただし、バイアグラに比べて
副作用が出やすいので、
体に合わない人も少なくないです。

特に服用前に
グレープフルーツジュースを飲むと、
通常より多くの成分を
体内に取り入れてしまうので、
効果が強く表れやすいので
注意してください。

頭痛の発生頻度は
レビトラの場合、10%と高めです。


○シアリス
長距離ランナータイプの薬です。
日本では、2007年にアメリカの製薬会社
で発売されました。

その最大の特長は
服用から最大効果が表れるまで、
平均約3時間を要しますが、
持続時間が36時間と
とても持続性があるので
行為の前日に仕込んでおくことも可能です。
ただし、バイアグラやレビトラよりも、
シアリスは効き目が緩やかなので、
即効性はありません。

シアリスの場合、
食事の後の服用でも効果はあります。

頭痛の発生頻度は
シアリスの場合1%程度です。

これは、バイアグラ
とほぼ同等です。

このように、
薬の種類によって効果は
かなり異なりますので
副作用がないものを選ぶなら
シアリスやバイアグラ
はお勧めします。

また、副作用には個人差があります。

体調や飲酒などでも
左右されます。
まずは、少数から試して、
ご自分の体に合った薬を
見つけるのが肝要です。


なお、勃起薬は
食事のあとの効き目は
低下します。

そのため、
食前20分くらいまでに服用してしまえば、
アルコールを飲むときと同じく、
空腹時の方が「酔う」ので
効果は高いです。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。