頭痛とまぶたの痙攣が起きる原因

頭痛だけでなく
まぶたに痙攣(けいれん)の
症状がでることがあります。


まぶたの痙攣は
「顔面ミオキミア」
と呼ばれるものです。

眼精疲労や寝不足などが原因でおき、
下まぶたがぴくぴく痙攣するのが
症状の特徴です。

まぶたの痙攣は、ほとんどが
疲れや寝不足からくるものです。

末梢神経が
筋肉のコリやむくみによって
圧迫されることが原因の場合もあります。

また、
痙攣が起こるメカニズムについてですが、
筋肉の疲労に関連する
神経の反射作用のバランスが
失われることによります。

筋肉は神経系によって運ばれる
2種類の反射信号のバランスを
非常に繊細に保っています。

収縮を誘発する興奮性入力と、
弛緩を誘発する抑制性入力です。

いくつかの要因により
興奮性入力が増え、
抑制性入力を減ることで
このバランスが崩されます。

これが起きると筋肉は過敏になり、
このアンバランスが続くと、
筋肉は痙攣するのです。

これは
忙しい時期などに
お茶やコーヒーなどを
よく飲む場合に起こります。

カフェインは神経を高める、
つまり
興奮性入力を増やすので
痙攣が起こりやすくなります。


ネットなどで検索すると
痙攣は脳の病気だ、命に関わる
というような内容の記事は多いです。

しかし、それらはあくまで
最悪のケースなので
ほとんどの場合、心配はいりません。

でも、あなたがどうしても不安な場合は
病院で検査を受けて
異常がないことを確認することは
意味があります。




タグ:頭痛 痙攣
【併発〜痙攣(けいれん)〜の最新記事】
posted by かみん at 12:00 | Comment(0) | 併発〜痙攣(けいれん)〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。