頬の腫れと頭痛

頬の腫れがあるときに、
頭痛もすることがあります。


副鼻腔と呼ばれる鼻の奥に、
に雑菌や膿が溜まる、
急性副鼻腔炎(蓄膿症)
と呼ばれる病気かもしれません。

歯痛や頭痛、目の奥の痛みも
伴うことがあります。

この病気の原因は、
2パターンあり、
1つは、花粉症のアレルギー性鼻炎
などにより
鼻の粘膜バリアが弱まり
雑菌などが入り込むケースです。

副鼻腔と歯の間は薄い骨しかなく、
膿によってその骨が溶けてくると
副鼻腔と歯根が繋がり、
膿の圧力で歯根の神経が圧迫されて
歯や頬が痛みます。

副鼻腔炎の炎症が
歯根の神経に影響しているからです。


もう1つパターンは、
虫歯で神経取った場合などに
歯根に細菌が入ることで
痛む場合があります。

根尖病変(こんせんびょうへん)
と呼ばれるものです。

1つ目と逆パターンで
歯根の膿により副鼻腔との境の骨が溶けて
副鼻腔の方にも膿が発生するものです。

歯のレントゲン写真を見ると、
歯根部分が黒くなっています。

体のバランスがおかしいとき、
もしくは、
免疫力が低下したときに
細菌が入って膿がたまり、
発症しやすいです。

軽い場合は、
耳鼻咽喉科で抗生剤で治します。

酷い場合は
口腔外科での手術も必要になるときも
あります。


耳鼻咽喉科、歯科での
診察をお受けになることを
お勧めいたします。



posted by かみん at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 併発〜むし歯〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。