頭痛の苦しみを知ってください

頭痛を表現するときに
「割れるように」
と評されることが多いですが、
経験者でない限り
理解するのはなかなか
難しいかもしれません。

また、どのような痛みであるかも
人によって、頭痛の種類によって
様々です。

割れるような痛み、
圧迫されるような痛み、
もまれたような痛み、
焼けるような痛み、
眼球をえぐられるような痛み、
ハンマーで叩かれるようかの痛み、
頭を針で何回も突き刺されるような痛み
などなど。

出産よりも痛い、
「群発頭痛」というものでは、
あまりの痛さに、狂ったように
のた打ち回る人もいます。
(youtubeなどで、動画が見られます)

酷い虫歯になったことはないでしょうか?
これは神経の痛みですが、
それが、頭の中でも起こっている、
と考えてください。

また、厄介なのは痛みだけでなく、
吐き気・嘔吐などの随伴症状です。

特に片頭痛の場合は、
脈打つ痛みだけでなく、
同時に吐き気・嘔吐が起こり、
冷や汗・痙攣・目眩・呼吸困難などなど。
とにかく、苦しさのオンパレードなのです。
その点、いったん症状が治まれば
何事もなかったように、
ケロ、っとしてしまうのが
誤解されるのかもしれませんが。。。

サイバイマンの頭が割れるとき
どのような痛みが生じるのかは
わかりませんが(笑)、
もし、身近で頭痛持ちの人がいるなら
優しく接していただけると
その方もうれしいと思います。



【付き合う〜大切な人が苦しんでいたら。。。の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。