今まで頭痛がなかった人が動くと頭痛がするようになった

今まで頭痛持ちでなかった人が
立ち上がったり
歩いたりするだけで
頭痛になることがあります。

これは
「労作性頭痛」
と呼ばれるものです。

特定の動きをしたときに発生するもので、
・血流が良くなることで血管が拡張し
回りの神経を圧迫
・脳と骨髄に流れる液体の圧力が
大きくなり脳自体を圧迫、
・動くことで頭蓋骨周辺の筋肉に
痛みが生じるる
などいくつかの原因により
発生します。

この労作性頭痛は
良性労作性頭痛とも呼ばれ、
脳腫瘍などの病気を原因としないで起こる
頭痛ですので、
それほど心配するものではありません。


これらを予防するためには、
血行を普段から良くしておく
必要があるので
こまめな水分補給やマッサージ
などが必要になります。

また、
血管の拡張を抑えるために
カフェイン
(コーラやお茶、コーヒーなど)
を摂取したり、
深呼吸したりするのも
有効です。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。