二日酔いの頭痛はアルコールの種類で起きないことがある

お酒で頭痛になることは
多いですが、
アルコールの種類によっても
頭痛になったりならなかったりします。

一般的に価格が高いお酒は、基本的に
アルコールの中でも高級の
「エタノール」というもので
作られています。
エタノールは分解が早く、
酔いにくい性質があります。

また、
アルコールの中でも低級の
「エタノール」というものは、
ウィスキーやブランデーといった
風味が強く独特のクセのある
蒸留酒やワインなどの果実酒には、
微量の含まれていますが、
もっぱら安いお酒に使われています。

メタノールは
通常のアルコール(=エタノール)と
一緒に血液内に吸収されますが、
エタノールと比較すると
肝臓での処理に
非常に多くの時間を要します。
肝臓はエタノールの
アルコール分解を行なっている間は
メタノールの分解を
後回しにしてしまいます。
その結果、
メタノールが最後まで体内に残り
長い間アルコールが抜けない状態が
続きます。
その結果、
翌朝以降もお酒が残ってしまい
疲労感などの
二日酔いの症状が長引く原因となります。

また、メタノールそのものが有毒です。
メタノールは肝臓で分解される時に
ホルムアルデヒド、ギ酸、二酸化炭素
へと分解されます。
これら有害物質は
めまい、頭痛、腹痛、吐き気、背中の痛み
などの原因となります。




posted by かみん at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 関係〜お酒〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。