起立性調整障害の治し方

起立性調節障害
をご存知でしょうか?

最近の若い方に多いですが、
ある程度壮年の方も発症する
ケースも多く、
低血圧になるため、
頭痛が起きる場合もあります。

治し方としては、基本的に、
生活習慣を改善して、
徐々に症状を緩和していく
という方法が有効です。
具体的な方法をご紹介しますね。

○朝日を浴びる習慣をつける
朝日を浴びてから14時間後に
眠くなるといいます。
生活にメリハリをつけ、、
体にリズムを持たせるようにします。

○水を飲む
1日1.5〜2Lを目標に
水を飲みましょう。
体内の血や水を循環する目的です。
喉が渇いたら飲むより
定期的に少しずつ飲むほうが効果的です。

○塩分を十分に摂る
起立性調整障害の方は、
血圧が低い場合が多いです
塩分は水分を体内に保持するので、
塩分を取ることは
低血圧を予防する効果があります。
1日10〜12gを目安に取りましょう。

○漢方薬の服用
漢方薬で体の循環をよくします。
偏頭痛や起立性調整障害の方は、
自律神経の働きが壊れているので、
体の冷えがあります。
漢方の専門医に相談して、
ご自分の体に合った漢方薬を
処方してもらいましょう。

○足湯で体を温める
上記と同様に冷えを防止します。

○逆立ち・ブリッジ
これは下半身にたまりがちな血を
上方へ回すことが目的です。
ただし無理は禁物です。

○ヨーグルト摂取
起立性調節障害は、
ストレスが腸に現れやすいです。
過敏性腸症候群を併発する例も多いので、
ヨーグルトの摂取で
腸内環境を整えます。

○頭痛のときは冷やす
上記の頭痛の場合、血管の拡張が
主な原因なので、、
冷やして血管を収縮させると
緩和されます。

○和食生活
これはご家族の協力が不可欠ですが、
味の強いものや、油分の強いものは、
避けるのが賢明です。
油の少ない、和食を多く食べる方が
お勧めです。

○軽い運動
腕立て腹筋は
特定の箇所の筋肉に
一気に負荷をかけるので
頭痛を引き起こすことが多いです。
散歩やプールなどの
軽い運動からはじめるのがお勧めです。
プールは、
歩くだけ、入っているだけでも良く、
徐々に負荷を上げてくのが
ポイントです。

○ゆっくりとした動作
急に起き上がったりすると
血圧の変動で痛みが生じやすいです。
そのため起き上がり方が重要です。
起きたらすぐには頭は上げず
そのまま腰をかがめ、
頭を心臓の高さにして歩きます。
歩きながらゆっくりと
腰を伸ばして頭を上げます。
こうすることで、
ゆっくりと下半身に停滞した血液を
上半身に循環させることが出来ます。

立ち上がるときは、
30秒以上かけて
ゆっくり立ち上がります。
特に調子が悪いときは、
頭を心臓の高さにして立ち上がります。

以上、これらの情報が
お役に立てば幸いです。
お大事に。



posted by かみん at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 併発〜低血圧で〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。