片頭痛と診断されたけど薬が効かない?!

病院行って片頭痛と診断された。
でも、処方された薬が効かない。。。

一体何故なのでしょうか?

片頭痛は、実は
原因が完全に解明されたわけではなく
謎が多い病気です。

片頭痛の特効薬と言われる
トリプタン製剤でも
3割の片頭痛患者には
効かない、という統計が出ています。

また、片頭痛が起こることはあっても
今起きている頭痛が片頭痛とは
限りません。
別の病気も疑った方がいいかもしれません。

この場合主に
自律神経の異常が起きている
可能性があります。

パソコン仕事などで首や肩を
痛めている場合、
そこに集中している神経も
ダメージを受け、
自律神経にも異常をもたらします。

自律神経は、
体のあらゆる働きを制御する神経です。
ここに異常があると、
あらゆる体の不調がおきます。

首や肩は、頭と胴体をつなぐ場所なので
神経や血管も密に通っているのです。


ですので、早急な対策としては
首元を冷やさないようにしましょう。

段々と暑くなる既設ですが
室内はエアコンにより
冷える傾向があります。

自分では冷えていると感じないことが多い
ですが、ストールなどを巻き、
冷え対策をしてください。

また、デスクワークの際、
首を動かさないことも「凝り」の
原因になりますので、
1時間起きにストレッチをするなども
お勧めします。

そしてモニターの位置も重要で、
まっすぐ向いた視線の下にならないように
若干視線の上になるように
椅子の高さなどを調整すると、
首や肩の負担は小さくなります。



posted by かみん at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 特徴〜薬が効かない!〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。