耳鳴り・頭重・視界が真っ暗になる病気は?

耳鳴り・頭重・視界が真っ暗
の後に、
頭痛が起きる、
こんな病気があります。

これは、
脳貧血(=起立性低血圧)
です。


急に立ち上がったり、
起きあがったりした時に、
普通は一定の値を保つはずの
血圧が下がりすぎてしまい、
うまく血液が循環せず、
特に脳への血液が不足し、
一次的に虚血状態に陥っていることです。
頭・目・耳の症状をひきこします。

これは、例えば、
膝にトラブルがあり、
あまり普段は足を動かす運動をしていない
に起こりやすいです。
足の筋肉が弱りがちになり、
上半身へ血を流す機能が低下したため、
脳貧血を起こします。

また、
脳貧血はもともと血圧が低い女性に多く、
成長期の人にも多いです。


脳貧血自体はそんなに心配するものでは
ありません。
足のふくらはぎのマッサージや
水分・塩分摂取、
ゆっくり立ち上がること
を心がければ充分に防げます。

また、鉄分不足の可能性もあります。

隠れ貧血の場合、通常の血液検査では
わからないことが多いので
内科などで
貯蔵鉄(フェリチン)
の採血検査を受けることもお勧めします。

脳貧血については
脳内科・神経内科・循環器内科・婦人科
などを受診するのがよいでしょう。



posted by かみん at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 併発〜低血圧で〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。