必見!夏の頭痛対策

夏のこの暑い時期になると、
こんな症状が出ないでしょうか?

・朝起きたときに頭痛がする
・机に向かって作業すると頭痛がする

これらは夏特有の、
血流の悪さから来ている頭痛
の可能性があります。


この暑い夏、
エアコンの効いた室内に
ずっといたとしても
かなりの汗が出ます。
特に夜寝ている間は、特に顕著で
多くの水分とミネラルが排出されます。
寝ているときは体をあまり動かさないので
血の供給が滞りやすくなり
酸素や栄養素を充分に運べず
寝起きの頭痛が起きるのです。

また、机に向かって作業するときも
じっとする必要かあるので
体は動かさなくなります。
そうすると、血流の悪さから
血の供給が滞り、
頭痛が起きるのです。


ちなみに、片頭痛の原因の一つも
血流の悪さてす。
片頭痛は、
頭の血管が拡張して
周りの神経を痛めることで
発症します。
血流が悪くなると、
体の中で最も繊細で重要な脳に
酸素や栄養素を供給するために
体の血管を縮め、
頭の血管を拡げます。
このようにして
頭痛が起きることがあるのです。


また、ロキソニンなどの
薬に頼ってしまうと、
次第に薬が効かなくなってしまうので
薬に頼らず、
頭痛が起きなくする方法を
お伝えします。

○体を温める
体温が高くなることで
血流促進になります。
シャワーで済ませないで
お風呂に入る方がいいです。

○姿勢
悪い姿勢を続けると血液は滞りがちです。
姿勢を良くすることで、
血流の循環が促されます。

○深い呼吸
普段は浅い呼吸を深く吸うことで
脳に多くの酸素を送ります。

○定期的なストレッチ
勉強中は体を動かさないので
血液は滞ります。
定期的にストレッチやマッサージを
取り入れましょう。

○食事
血行促進に役立つビタミンEやビタミンC
を多目に補給します。
また、魚介類に多く含まれる
タウリンも有効です。

○水分補給
血液はほとんどが水です。
季節関係なく、こまめな水分補給を
欠かさないようにしましょう。

○塩分補給
特に夏は汗で失われがちなので
しっかり塩分はとりましょう。
最近はキャンディに入っているものが
あるのでお勧めです。

これらを毎日の生活に取り入れることで
頭痛の頻度は必ず低くなります。

お試しあれ。



タグ:頭痛 片頭痛
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。