夕方から起こる頭痛の原因と治し方

こんにちは。
今回は、夕方や夜になると起こる
頭痛についてのお話です。


夕方や夜になると頭痛がするのは
ほとんどの場合、
「緊張性頭痛」と呼ばれるものです。

首や肩の凝りにより、
血流が頭の方で滞るために、
栄養不足、乳酸増加
となり頭痛が起きます。

夕方・夜に多くなるののは、
一日の疲れが肩などに
出始めてくるからです。

また、これはストレスの影響も
受けやすいです。
緊張状態になると、
常に首や肩に力が入った状態となり、
緊張性頭痛を引き起こしやすくなります。


勉強や仕事で長時間、
机の前に座りっぱなしの場合は、
同じ姿勢を続けないように
心がけましょう。
こまめに休憩をとって気分転換をし、
ときどき背すじを伸ばすなどして、
筋肉をほぐすように努めましょう。

寝る際の枕も、とても重要です。
高すぎたり、低すぎると
首や肩のこりの悪化につながります。

身体を冷やすのも大敵です。
冷房が入っている室内にいると、
自分で思うよりも
体は冷えます。
特に首・肩周りは頭痛に直結しますので
ストールなどで冷やさないようにするのも
ポイントです。

適度に体を動かして筋肉をほぐしたり、
ウォーキングやストレッチといった
軽い運動を習慣化するのも大事です。
「頭痛体操」と呼ばれる体操もありますが
これも効果的です。

1日の締めくくりに、
ゆっくりとお風呂につかったり、
首や肩をマッサージするのも効果的です。
マッサージや入浴によって、
血行を促すようにしましょう。

そして
アロマや好きな音楽など
ゆったり、のんびりした時間をもつことが
何よりの解消法です。


以上、これらの情報が
お役に立てればうれしいです。


タグ:夕方 頭痛
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。