原因不明の頭痛吐き気目眩無気力不安感、これらの本当の原因

こんにちは。

今回は
頭痛、吐き気、めまい、
無気力感、不安感
など
これらの症状が同時に起きたとき
検査をしても
原因不明で、
「自律神経失調症」

「更年期障害」
などの精神的疾患と
診断されることがあります。

しかし、これらは
精神的なものから来るものだけでは
ありません。
何が原因で起きているのか
をお話します。


可能性として高いのは
猫背などで
首や肩の骨がずれてしまったことによる
ものです。

首の骨がずれると、
そこに集中している自律神経にも
ダメージを与えてしまいます。
自律神経は、
体温・血流・発汗・内臓の働き
などなど、体の調整を行う
大事な部分です。

これにダメージがあると
体の調整機能がうまく働かなくなるため、
頭痛・吐き気・目眩・不安感・
目の疲れ・視力低下・動悸
など様々な不快症状をもたらします。

特に、休みが長く続いたりして
寝ていることが多かった人は、
心は緊張していても
体はリラックス状態にいたということで
自律神経のバランスが
非常に悪い状態になっているはずです。


また、首の骨がずれると、
脳骨髄液と呼ばれる
脳と脊髄に流れる液体が
首の部分でせき止められる形になり、
循環も滞るようになります。
そうすると、脳の圧力が上がるため、
脳にもダメージが与えられ、
上記と同様の不快症状をもたらす、
ということもあります。

このような状態から脱却するためには、
外に出て運動などで
心拍数を上げるのが効果的です。
また、コーヒーや栄養剤などで
適度なカフェインの摂取、
熱めの風呂やシャワー
などなど、
ある程度、体に刺激を与えてください。

また、首や肩を痛めている
可能性もあるので、
整骨院・整体などで
診てもらってズレを治す、
というのも効果的です。

これら以外にも
頭痛や吐き気を治すための方法などが
このブログに載せてありますので
良かったらご覧になってください。

以上、これらの情報が
あなたのお役に立てば嬉しいです。


posted by かみん at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知る〜検査しても異常なし〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。