中学生が大人の薬を使うとき

こんにちわ。

頭痛薬を服用する際、
・15才以上 2錠
という表記をみたことはありませんか?

中学生で15才未満だけど
体格はもう大人、
と言う場合、
1錠くらいなら大丈夫じゃないのか
と、少し迷いますよね。
今回は、中学生の
頭痛薬の服用についてのお話です。


EVEなどの一般に売られている市販薬は
年齢によって
服用量が決められています。
それは、体質というものが
主に年齢によって決まり、
大人には大人の体質、
子供には子供の体質があり、
15歳に満たない場合、
年齢が少しの違いでも内臓の発達は
違ってくるからです。

とは言っても、
体の大小や、個人の体質により、
効き方もだいぶ異なります。

市販薬は
病院で処方するものより
かなり薄くなっているため、
大人の場合は
規定の量の倍飲んでも
大丈夫な場合があります。
ただ倍飲むのは大人だけで、
子供の場合は気をつけた方がよいです。

高齢者や薬の効果が出やすい人など、
2錠のところ1錠でも効くようであれば
少量服用しても良いでしょう。
鎮痛剤・胃腸薬・下剤等には
服用基準量より少なくても
効果があることはよくあります。

以上を鑑みて、
中学生で身長・体重も
小さい方ではないならですので
おそらく1錠なら問題はないでしょう。

ただし、服用方法は
説明書を厳守してください。

効かない場合は、
2錠飲んでもよいとは思いますが
ある程度の副作用が出ることは
認識しておいてください。

また、
大人用でなければ
いけない理由がなければ
小児用バファリンなどのほうが
安全ですので、
そちらをお勧めします。

そして一旦頭痛薬を飲み始めて
効くことがわかると
その薬に依存するようになってしまいます。
EVEなどの解熱鎮痛剤は
胃や小腸に負担をかけ、
飲みすぎれば
将来的に脳梗塞などになる
リスクがあります。

大人になったときでも
どうしても我慢できないとき以外は
薬を使わないようにしましょう。

頭痛は、主に血流の悪さが
原因で起こります。
そのため、
同じ姿勢を続けたり、
運動不足、
不規則な生活、
ストレスが溜まってくると
頭痛が起きやすくなりますので
注意しましょう。

また、頭痛が起きてしまったときには
暗く静かな部屋で休んだりとか、
痛む箇所を冷やすなどすると
痛みは和らぎます。

この他にも頭痛について
対処法などを他の記事にまとめて
ありますので
良かったらご覧下さい。

以上、これらの情報が
あなたのお役に立てればうれしいです。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。