カイロプラクティックと整体の違い

こんにちは。

薬を使わずに頭痛を治す方法の
1つとして
整体、マッサージ、あん摩、
カイロプラクティックなど
に通うという手段があります。

特に整体と
カイロプラクティックは
似ていて区別がつきにくい
と思いますので
今回はそのお話です。


整体、マッサージ、あんま、
カイロプラクティック
などは、
法律的に曖昧な定義であり、
明確な国家資格がないものもあります。
そのため施術者により
良し悪しがかなり分かれます。

「体を整える」という前提なら
カイロプラクティックも
整体に入ります。

しかし、本来は
カイロプラクティックと整体は
全く違うものです。


カイロプラクティックとは

カイロプラクティックは
アメリカで発祥の
一つの診療科目と成り得る治療法です。
1895年9月18日に
アメリカでD.D.パーマーと言う人が
開発しました。
その後、その息子達が研究をして
現在では世界数十カ国で
国家資格となっており、
WHOでも医療と認められています。
国家資格となっている国では
学校では、
まず医学部に入りその後専攻で
カイロプラクティックに進むか、
メディカルドクターに進むかに
分かれます。
もちろん、
ドクターと同じなので
レントゲンやMRI、手術
をすることも出来ます。

カイロプラクティックの
目的は体の歪みを直す事ではなく、
バランスを整える事です。
人それぞれにクセや、
姿勢の違いがあります。
その人に合ったバランスを作る事で、
体全体にかかる負担を軽減させます。
その為に動きの少なくなった関節を、
元の動きを取り戻すために
矯正をするのです。

カイロプラクティックは
関節(骨・靭帯・関節包など)に
何らかの力がかかり
サブラクセーション(ズレ・歪み)を
起こした部位に対し
スラスト法と言う、
ボキッと音を鳴らす
(現在カリキュラムから削除の方向)
手技によりサブラクセーションを
正常に戻す事で
関節のズレ・歪みによって生じた
痛みや不定愁訴(原因不明の症状)
を改善する事を目的としています。

しかし、日本を含むアジア諸国では
音を鳴らす事に目的がすり替わり
診察を行わない施術者が
現状では多くなってしまっています。

さらに、
カイロプラクティックは
日本では認められておらず
正式な教育機関もなく
教える先生もいないので
誰もが好き勝手やっている状態です。
内容が定められていませんし、
定めようがありません。
そのため、
本当のカイロプラクティックを
行っている人は非常に少ないです。
カイロプラクティックも
色々なテクニックがあり、
それらは世界共通で教えられています。


整体とは

一方、整体は
様々な徒手療法の総称になります。
日本古来のものと中国由来のものがあり、
現在では
それを混ぜ合わせたものになります。
一本の筋があるわけでもなく、
それぞれの整体術の総称です。
なので「○○式」というのが多いです。
あくまでも個人・団体レベルです。

そこにカイロプラクティックの技術を
混ぜ込んでいる人もいます。

整体の先生でも口をそろえて
「カイロプラクティックは難しい」
と言います。
しかし、
整体は経験から体系付けてきた技なので、
上手な人は抜群に上手です。
カイロプラクティックを
凌ぐ技を持っています。


日本での現状

日本ではどちらも
国で認められているわけではないので、
しっかり
勉強をしていない人たちが多いです。
ですので、しっかり
カイロプラクティックや整体
を勉強している人を除いて、
整体もカイロプラクティックも
同じようなものだと思います。
カイロプラクティックを
ちゃんと勉強していなければ、
カイロプラクティックの矯正
といっても
整体の矯正と変わりません。


しかし、
整体の先生でも、
本当に素晴らしい技術を持った方も
いらっしゃいます。
カイロプラクティックも同様です。

上手な術者よりも下手な術者が
圧倒的に多く、
2:8くらいの割合だといわれます。


良いところと悪いところの見分け方

マッサージをして筋肉をほぐす事は、
あん摩マッサージ師以外(医者は除く)は
法律で禁止されています。
柔整師・鍼灸師だけの資格では
マッサージをすることは出来ません。
そのため、
あん摩マッサージ師の資格を
お持ちでないところで、
マッサージをされたら
カイロプラクティック・整体・接骨院
のいずれかでも
上手下手に関わらず、良くない所です。

できるならしっかりとリサーチして、
本物の整体・カイロプラクティック
をしてくれるところへ
行ってみてください。

どちらが良いではなく、
どちらが自分に合うかを
選んでみることをお勧めします。



以上、これらの情報が
あなたのお役に立てば嬉しいです。



【病院治療〜骨盤矯正で失敗しないために〜の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。