黄色い痣(あざ)と頭痛

こんにちわ。

今回は、黄色い痣ができたときに
起こる頭痛についてのお話です。

黄色い痣は
基本的には、
ぶつけて内出血を起こした
ところの色素物質は変化していき、
最終的にビリルビンと言われる、
黄色い物質に変化したものです。

あざが黄色になるということは、
完治までの最終段階なので
気にする必要はありません。


ただし、
頭痛、発熱、食欲不振、関節痛など
風邪のような症状も併発している場合、
肝炎や肝硬変などの病気で
黄色いあざの原因物質である、
ビリルビンが血液中に
増加してしまうことで症状が現れることが
ありますので注意が必要です。

それらの病気のとき、
皮膚が黄色っぽい色になり、
特に目が黄色くなるので、
そこで判断ができます。

以上、これらの情報があなたのお役に
立てれば嬉しいです。



【知る〜特定の病気〜の最新記事】
posted by かみん at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知る〜特定の病気〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。