糖の功罪

こんにちわ(^^)

日本のお菓子って、
とても美味しいですよね。
日本にいるだけだと気が付きませんが、
カフェやケーキ屋さんの
スイーツだけでなく、
普通に売られている
ポテトチップス、
チョコレートなどの
お菓子、とても美味しいですよね。

しかし、こういうお菓子は
あまり体に良いものではない、
ということは、
この記事を見ているあなたは、
何となく感じてるのではないでしょうか?

では、何が良くないのでしょう?、


・合成アミノ酸、糖、人工甘味料、食塩
その他よくわからないものを
沢山使っているから。
・嗜好品、ドラッグ的に
止められない、止まらない
・炭水化物の塊なので高血糖になりやすい

特に高血糖は、
高血圧、心筋梗塞、脳梗塞
などの主原因で、
頭痛や吐き気なども引き起こします。


一方で、良いところとしては、

・美味しい
・長期保存ができて、高カロリー


人類は元々、
糖=炭水化物をほとんど取れない環境で
生きてきました。

そのような環境では、
燃やしやすいカロリーがギュッとつまった
糖というものはとても貴重であり、
「見つけたら、誰かにとられたり
悪くなったりしないうちに
全部食べてしまえ」
という命令が私達の遺伝子に
書き込まれています。

糖は私達の脳に対して、
ドラッグとほぼ同じ働きをします。
データの取り方によっては、
お酒やタバコ、コーヒー、
マリファナなどのドラッグと比べても 、
糖にはずっと高い中毒性があるのです。

でも、食べないのもストレスですから、
これらの知識を知った上で
あくまでも適度に食べることを
おすすめします。

以上、これらの情報が
あなたのお役にたてれば嬉しいです。


タグ:高血圧 頭痛
【関係〜糖・甘味料〜の最新記事】
posted by かみん at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 関係〜糖・甘味料〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。