精神薬の怖さ

こんにちは。

今回は精神薬のお話です。

抗うつ剤に限らず、
向精神薬では
頭痛の副作用が出るものがあります。
逆に、
精神症状の1つとして
頭痛がみられる人は、
何らかの向精神薬を併用することで
頭痛が緩和することもあります。

こんな頭痛ととても関連がある
精神薬ですが、
頭痛だけでなく、
いろんな症状が現れます。

・突然、魔法か催眠術にでも
かかったかのように不眠になる

・どんどん頭が働かなくなっている感覚

また、
精神薬の副作用を抑えるために
処方された薬が、
更に別の副作用を引き起こす
ということもあります。

例えば、
精神薬の副作用で不眠になった人が
睡眠剤を処方され眠れるようにはなったが
寝起きの気分はよくなく、
熟睡感もなく、
起きてもボーっとしてしまう。

他にも
精神薬の副作用で
頭痛が起きるようになった人が
鎮痛剤の乱用で
生理時の出血がすごい色になる。


薬Aの副作用を別の薬Bで抑え、
更にBの副作用を押さえるために
別の薬Cが処方され、、、
という負のスパイラルが起こります。

そして、このスパイラルが
行く着く所になると、
廃人みたいになります。
意欲も記憶もなくなり、
何も覚えていない、
何もやる気にならずに
ひたすら眠るばかりになります。

本当に
薬は怖いですよね。


今でも
精神科や心療内科などは
混雑しているところはあります。
リーマンショックあたりから
不眠・うつという事象が増えたためか、
何年か前でも、、
病院やクリニック
総合病院の神経科は
どこも大変混んでおり、
初診の予約も取れない状況でした。


とはいえ体調が悪ければ、
それなりに服用することは
あると思います。

薬を飲んでいる時はいいけれど、
飲んでいないと不安定になる
ので、調整しながら服用したりするのは
よいでしょう。

しかし、薬のリスクを知っていても、
心の余裕もなく、
精神薬の処方をもらうことは
面倒とは思わず、
結果、何十錠も飲んでしまう
という人もいます。


以上、これらの情報が
あなたのお役に立てれば嬉しいです。



【関係〜ドラッグ・精神薬〜の最新記事】
posted by かみん at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 関係〜ドラッグ・精神薬〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。