精神薬を辞めるためには

こんにちは。

今回は、頭痛と深い関わりのある
精神薬からの脱却の仕方
についてのお話です。


よく言われることですが、
精神薬を服用する人の場合、
医者にはストレスが原因
と言われます。

そのストレスの元がわかっていれば
大きな決断が必要かもしれませんが
「環境を変える」ことで、
飲まなくてもよい状況を
作る事ができます。
薬漬け廃人でも
薬を断ち、環境と意識を変えることで
復活できます。

また、子供の頃から
アトピー、喘息、各種アレルギーで
たくさん薬を飲んできたにもかかわらず
治らなかった経験から、
通院・服用してても
治んねーじゃん!と思って
薬断ちを決心した人もいます。

身近に克服した人がいれば
その人のサポートで、
元気になることもあります。

・早めに薬を断つ
・自分の回復力を高める環境を整える
・回復力を信じて身体に任せる
・落ち着くまで、ただ休む
という感じのアプローチが良いでしょう。

ただ、気をつけなければならないのは
断薬した時、
しばらく離脱症状のような感じがあります。

これらの精神薬は、
長期に服用しても
不眠もうつも治りません。
頭痛と同じで、
これらはあくまで一時的に症状を
抑えるためのものです。
症状を抑えている間に
根本的な処置を行うのが
薬というものの正しい使い方です。

また、ここでは述べませんが、
薬産業というもののお金の流れ方
を前知識として持っていると
辞められるかもしれません。

このように、
知識のあるなしで、
薬漬けになるのかならないのか、
というその後の人生が
変わってしまうこともあります。

以上、これらの情報が
お役に立てば嬉しいです。



タグ:頭痛 精神薬
【関係〜ドラッグ・精神薬〜の最新記事】
posted by かみん at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 関係〜ドラッグ・精神薬〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。