薬断ちをしたいあなたへ

こんにちは。

今回は、薬に依存しているけど
やっぱり辞めたい、
という方へのお話です。

今まで薬に頼っていた人が
薬がないと苦しい状態ならば、
逆に思い切って
薬を完全に抜いたほうが、
人生のパフォーマンスは上がります。
それは、
薬を服用していていることで
頭が鈍っていてるので
「薬がないと辛い」
という思考回路になっているからです。

辞める場合、薬物依存なので、
始めの決心がどれだけ固くても、
辛くなった瞬間
やはり薬を飲んだほうがいい理由を
沢山思いつきます。

また、こんな話もあります。
精神薬を4つ服用している老人が
家族の勧めで断薬を決意して
3ヶ月かけて抜いたことがありました。

はじめに老人本人に理由を
納得してもらい、
自分の意思で辞める、
という内容の
契約書を書いてもらってから
始めたそうです。
しかし、
途中家族のことを頭がおかしい
と罵ったり、
叩かれたり髪をひっぱられたり
したそうです。
このように、
薬とは文字通り「ドラッグ」なのです。

また、頭痛と関連が深い
うつや統合失調症の薬は
年間売上5000億円と
非常に儲かるそうです。

一説では、
製薬会社からお金が出てテレビ広告で
一大キャンペーンが行われた
と言われています。
要するに、テレビ広告を使って
ただちょっと落ち込んでるだけの
健康な人を
心療内科などに誘導させ、
そこでうつの診断をして
薬を飲ませて依存症にして、
長年薬を売って儲ける
というビジネスモデルが
出来上がっているのです。

そんな環境下では自分一人で
薬断ちをするのは難しいです。
そのため、
これまで付き合ってきた、
薬を飲む自分との
人間関係を構成していた
カウンセラーや医師の方とは
距離を置き、
薬を抜くのを
全面的に応援してくれるコーチ
のような人を見つけましょう。

以上、これらの情報が
あなたのお役にたてれば嬉しいです。



タグ: 頭痛
posted by かみん at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 改善する〜根本的な方法〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。