ストレスは悪いもの?

【ストレスは悪いもの?】
こんにちは。
 
 
「ストレスは病気の原因になる」
と、言われているのは、
既にご存知かと思います。
 
 
ストレスは、
心だけでなく、
悪影響があり、
あらゆる病気のリスクを高めるものです。
 
 
それはもちろん、
頭痛も同じです。
 
 
 
 
...となると、
「ストレスは悪いもの」
と思ってしまいますよね?
 
 
 
 
ところが、
全米最大規模の大学
ウィスコンシン大学の研究チームが、
成人3万人の動向を
8年間追跡して
2012年に発表した結果によると、
 
 
「ストレスは健康に害を及ぼす」
 
 
と、信じていた人たちにだけ
ストレスの悪影響は、
生じていたことがわかりました。
 
 
たとえ
過度なストレスを経験していたとしても、
「ストレスは無害だ」
と思っていた人達の
死亡率は低かったのです。
 
 
 
 
つまり、ストレスそのものは
体に悪いわけではなく、
「体に悪いものだという思い込み」
が原因だったと判明しました。
 
 
 
このように、
「ストレスは悪いもの」
とも言い切れないようです。
 
 
 
以上、これらの情報が
あなたのお役に立てれば嬉しいです。


posted by かみん at 20:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 関係〜ストレス〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。