片頭痛持ちの不安を3ステップで解消

この記事を読んでいるあなたは、
・自分が頭痛で困っている
・大切な人が頭痛で困っている
のどちらかだと思います。


頭痛に限らず
身体の不調とは、
その人の人生の「ストーリー」が
映し出されたものです。

そして、それぞれの不調には、
自分でも気づいていない
「感情」が張り付いています。

逆に言えば、
身体の症状を読み解くことで、
あなたの心の奥を
読み解くこともできます。

頭痛にも、
「頭痛の心」があるのです。


ここで、いきなり「頭痛の心」?
と言ってもイメージつきませんよね。

「頭痛の心」とは

例えば、
片頭痛の人であれば、

「誰も助けてくれないのでは」

という不安です。
その不安から
症状が出るのです。


しかし、
そんな感情を持っているからこそ

周りの人との関係を大切にし、
見返りのない思いやりを
持つことができるのです。

片頭痛に限らず、
病気は様々な形で
あなたの「才能」を表しています。

また、
頭痛を持っているということは

「誰も助けてくれないのではないか」

という不安を
潜在的に持っている
ということにもなります。

この不安をそのままにしてしまうと、
身体はより強くサインを伝えようとし、
より強い片頭痛を招きかねません。


その前に
「自分と向き合い、不安を解消していく」
必要があります。



これには
3つのステップがあります。

まずはじめに、
「自分が不安を抱えている」ことを
認識することです。

次に、
「どんな不安を抱えているか」
を確認することです。

最後に、
そういった不安を抱く自分を
「受け入れる」ことです。

人の感情というのはとても複雑です。

理解して解決しようとすると
どうしても限界があります。

無理に解決しようとすると。
自分を苦しめることになりかねません。

そのため、
解決しようとするのではなく
「受け入れる」ことが大切です。


もし、
何か不安を抱える時が来たら
この3ステップを試してみてください。


ただ、口で言うのは簡単です。
また、一番難しいのが最初のステップ、
「不安を抱えている」
ことに気づくことです。


そんな時は
身体の示す「サイン」に
耳を傾けてみてください。


病気は悪いものと考えがちですが、
いろいろなサインを表し、
僕らを助けてくれる役割があります。

そう考えると、
病気を悲観することも無くなります。




posted by かみん at 19:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 関係〜心〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。