アンチエイジングと頭痛

こんにちは。

「昔はこんなに太りやすい身体では
なかったのに」

とは、よく聞く言葉です。

また、 「太りやすい」を
色んな言葉に置き換えることも
できます。

「疲れやすい」
「肌がボロボロ」
「固い」
「おやじくさい」
「おばさんくさい」
などなど。

では、今と昔の大きな違いは
いったい何でしょうか?



答えは「加齢」です。

人間は誰もが老いていきます。
これは残念ながら
止める手段は
「今のところ」ありません。

年齢を重ねると、
見た目だけでなく、
体の機能も緩やかに低下します。


例えば
血管は、老化とともに固く細くなり、
脳の血流を維持するため
血圧が上昇します。

これにより
頭痛が起きやすくなることもあります。


内臓や血管の老朽化は
代謝などに大きく影響します。

その結果、
10代の頃と同じように
食事を摂れば
カロリーオーバーで太るわけです。


また、
無防備に太陽に当たれば、
なかなか消えないシミが
できてしまいます。

これらも
血流や代謝の低下に
起因します。

心身に負担のかかる
生活を続けていれば、
さらに老化の進行を進める恐れも
あります。


しかし、
日常でのケアを心がければ、
老化は止められなくとも
健康を維持することは可能なのです。


それが世に言う
「アンチエイジング」です。

「アンチ」というのは
「嫌う」という
ニュアンスを含んでいます。

そのため、
「アンチエイジング」という言葉に対し
「年をとることがアンチなの?」
というひねくれた
考えも生まれます。


そこで
あえて「アンチ」という
言葉は使わず、
「ヘルシーエイジング」
または
「ウェルエイジング」
という言い方もあるようです。

基本的に、
すごく大変な努力をしなければ
いけないのが

「アンチエイジング」
すなわち、
「ヘルシーエイジング」
「ウェルエイジング」
だと思われがちですが、

実は、
体を温めれば、
「ヘルシーエイジング」
「ウェルエイジング」
は誰にでもできます。

温めて
老いた内臓や血管を労り、元気づけて、
代謝をサポートしましょう。

そして温めれば
頭痛も起きにくくなります。

また、
暖かさは心の緊張も緩めるので
精神的作用からも
血流を促してくれます。

人間は緊張すると
交感神経が優位になり
緊張が緩むと
副交感神経が優位になります。

「長生きしたい」
「健康でいたい」
「太りたくない」

そのために
「早寝早起きをしなければ」
「○○を食べなくてはいけない」
などと心を縛られている人が
とても多いです。

それは、
交感神経に支配され
常に緊張状態になります。

結局、
冷えを助長させてしまい、
健康的とは言えなくなります。

若く、元気でいたいのなら、
ほどほどの気づかいと
「いい加減さ」が大事なのです。

毎日、ガチガチな思考で
心を冷やさず、
時にはさぼったり、
遊んだりしながら、
マイペースに時間を過ごす
そんな遊び心も、
心身の冷えを防ぐキーワードです。


「体を温める」
これに、
特別な努力なんか要りませんよね^^?



posted by かみん at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 改善する〜根本的な方法〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。