サプリメントの現実〜品質管理

【サプリメントの現実〜品質管理基準】
こんにちは。
このブログでは頭痛予防に
サプリメントを推奨しています。

そのため、これから使用してみようか
という方も多いと思います。
そこで、
サプリメントに関して、
ちょっと注意していただきたい点
について、お話します。

今回は
サプリメントの製造品質管理基準の
日本とアメリカとの違い
について。
4.jpg






今までの記事でお話した、
「成分量」「崩壊性」以外にも
日本と米国では
サプリメントの
製品品質管理基準に
大書な違いがあります。

日本では、
サプリメントメーカーは
製遣品責讐理基準(cGMP)に準拠することが望ましいとされていますが、
義務ではないため
成分量や崩壕性など品質検査を
省略してサプリメントを
販亮することができます。
もちろん、 表示量は
配合されていなけれぱなりません。


一方、アメリカでは
法律で製造品質理基準 (cGMP) が
定められており、
遵守する義務があります。
その内容も
日本のGMPガイドラインが
「5ページ」
なのに対して、
米国のcGMPガイドラインでは
GNG資料によると、
「815ページ」
にも及んでいます。
cGMPがはるかに詳細な基準
であることが分かります。



また、表示通りの原料や成分が
入っているかを調べるための
同一検査に関しても、
日本のGMPでは、
省略可
なのに対して、
米国では、
必須
となっています。


粒がキチンと体内で溶けているか
を調べるための
粒崩壊性試験でも、
日本のGMPでは、
参加規定はあるが義務化されていない
のに対し、
米国のcGMPでは、
30〜60分以内での
崩壊性試験は
必須となっています。
これは、米国のcGMPで順守が
義務付けられているUSP(米国薬局方)
に則った崩壊性試験です。


また、
異物の混入がないか調べるための
金属探知機の設置も
日本では
義務化されていませんが
米国ては
必須となっています。



また、
国の査察も
日本ではありませんが、
米国ではあります。




米国のあるメーカーは
cGMPでも求められていない検査も
自主的に義務付けています。
例えぱ
専門業者から仕入れる材料にも
目を光らせるため、
原料が放射線照射による
殺菌を受けていないかどうかも
検査しています。

また、金属探知機も
通り過ぎてしまうような
微細な異物も逃さないよう、
高価な機器を導入して、
X線による異物探知検査を
使用する全ての素材や原料において
行っています。

以上、サプリメント購入の際の
参考にしていただければと思います。


posted by かみん at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | サプリメントを知ろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。