習慣の仕組みを理解しましょう

【頭痛を治すために習慣の仕組みを理解しましょう】


頭痛を治すためには

「日常生活」そのものを変える必要があります。

そして、日常生活の中で、
 人間の行動の大部分は
「習慣」によるものです。


人間は「習慣」によって
支配されているといえます。


つまり、頭痛を治すためには
治るための「習慣」を身につける必要があります。


今回は、その「習慣」の仕組みについて
お話します。







例えば
昨日あなたは


朝起きて顔を洗い歯を磨き


朝ごはんを食べて仕事に行き、


昼休憩では昼ごはんを食べて


また仕事をし、


仕事が終わったら帰ってきて


夕ご飯を食べてお風呂に入って


眠りにつく


という1日だったと思います。




では、今日も
同じことをするのではありませんか?


そのため、あなたの受けとる現実、
そして人生の大部分は、あなたの
「習慣」によってできていると言えます。


そして
「習慣」を支配するのは
「潜在意識」というものです。


あなたもこの言葉は何となく
聞いたことはあるのではないでしょうか?


簡単に言えば「無意識」
とも言えますね。


朝起きて顔を洗うとき、


「顔を洗うぞ!」


と思って顔を洗う人は
なかなかいないと思います。



おそらくほとんどの人が無意識に
顔を洗うはずです。


さらに言えば
顔を洗う、という行為でも


蛇口をひねり


洗顔料を手に取り


フタを開けて


洗顔料を出して


水をつけて手で泡立てて


顔につけてこすり、


水で洗い流し


蛇口を閉め、


タオルで顔をふく


という一連の動作をするはずです。



これは、潜在意識に


「朝起きたら顔を洗うもの」

「顔の洗い方」


という情報が刷り込まれているため、
無意識に行動しているのです。







この

「無意識の行動」

実は頭痛が起きるかどうかも左右します。


頭痛の主原因の1つは「生活習慣の乱れ」です。



夜遅くまで起きてしまったり、


ストレスを抱え込んでしまったり、


これらは全て
「無意識の行動」です。



人間は誰しも
「無意識の行動」
に支配されていると言えます。


では、逆に、この

「無意識の行動」

をコントロールできるようになれば


頭痛を治すなんて余裕!


だとは思いませんか?



そのためには

 どうすればいいのか?


それにはまず、

「無意識の行動」

の正体を知る必要があります。



この「無意識」
すなわち「潜在意識」

の正体は、


 「過去の記憶の集合体」


です。



簡単に言えば、
あなたの意識は


「あなたが過去に経験したもの」


でできているのです。



人間は誰しも、
 自分が過去に経験した「記憶」


そして、それから作られる
「パターン」
の影響を受け、行動しています。



これは行動だけではありません。


あなたの心で言語化された

「思考」

そして、思考を生み出す元となる、
 「認識パターン」

も「記憶」に支配されているのです。



「認識パターン」とは、
 人が何かを見たり聞いたりしたとき


どのように思考するか?


何を想像するか?


考えてしまうか?


というパターンのことです。



例えば、カレーの話をしましょう。


20160703_113345_861.jpg



・・・と言った瞬間、


あなたは、ちょっと前にはカレーのことなんて

考えていなかったのに、



カレーの映像や味を想像したり、


過去の美味しかったカレーの記憶や


カレーに関するエピソードを思い出したりしませんか?



それも毎回同じようなことを
思い出したりしませんか?


そして無性にカレーが食べたくなる(笑)


しかし、同じ出来事を経験しても、
 人によって受けとめ方が
違うことがあります。


上の例だと、
同じカレーでも、


日本のカレーであったり
欧風カレーであったり
インドカレーであったり。


それは、
人によってこの「認識パターン」が異なるからです。


個人がもつ過去の記憶から
「認識パターン」が生み出されるからです


そしてその認識パターンが
固定されてしまった状態を
 いわゆる
執着」または「固定観念
と言います。


さらにさらに、

「認識パターン」は
何かを見たり聞いたりしたとき
どのように認識するか?
を決めていますが、


この「認識パターン」というものは、

なんと!

自動的

に決められているものです。



自分の意志でどうにかなるもの
 ではありません。


その「認識」の仕方によって、
あなたの「感情」も決まってきます。


そして、頭に浮かぶ「思考」も変化します。
頭に浮かんだ「思考」はまた、
「感情」に影響を与え、


ここで、「思考」と「感情」が
お互いに強め合うということが起こります。


ポジティブにせよ、ネガティブにせよ
思考が生まれてしまうと、
相互干渉でお互いを強め合い
どんどん膨らんでいってしまうのです。


そして
執着」や「固定観念」は
更に強固なものになっていきます。


ちなみに、
ネガティブな感情・思考の方が強力です。


さらに、その思考により、
あなたの「行動」も影響を受けます。


そして行動が繰り返されれば、
 「習慣」になります。


これらを「思考の習慣」と言います。


「思考の習慣」は

信念・先入観・価値観

といった言葉にも言い換えられます。


これら、

「認識」
「感情」
「思考」

「行動」


は一方が一方を支配するのではなく、
お互いに影響し合っています。


要は、
あなたがダイエットを成功させようと
 するためには

「認識」
「感情」
「思考」
「行動」

の一つだけでなく、


 「全てを変える」
 必要がある、ということです。



「行動」をコントロールしようとしても
「思考」や「感情」が邪魔をします。


「思考」や「感情」を変えようとしても
「変えよう」とするだけでは決して変わりません。


「行動」が必ず必要です。



そして「行動」し続けていけば
経験した「記憶」として積み重なり
「認識」も変わってきます。



まずは、あなた自身、


何を変えようとして失敗したのか?


「行動」を変えようとしていたのか?


「思考」を変えようとしていたのか?


ということを振り返ってみてください。



「行動」を変えてみようとして
 ダメな場合は「思考」を変えてみる


「思考」を変えてみようとして
 ダメな場合は「行動」を変えてみる


必ず1つではなく、
全てを変えてみるのが効果的になります。






以上、いかがでしたでしょうか?

長くて難しい内容だったと思います。


でも、しっかり読んでみて

腑に落としてみると、
必ず結果は生まれます。


是非、チャレンジしてみて下さい。



posted by かみん at 14:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 改善する〜根本的な方法〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。