ストレスの種類

ストレスは、
頭痛だけでなく、
色々な病気にも大きな影響を与えます。
 
 
 
では、そもそも

「ストレス」

とは何でしょうか?
 
 
 
「ストレス」とは
元来、物理学や工学の用語で、

外からの力によって生じる
固体内部の「歪み」のことです。

カナダの交通心理学者ジェラルド=ワイルドが提唱した
「ホメオスタシス理論」※
というものがあります。

※デジタル大辞泉より、
-----
危険を回避する手段・対策をとって安全性を高めても、人は安全になった分だけ利益を期待してより大胆な行動をとるようになるため、結果として危険が発生する確率は一定の範囲内に保たれるとする理論。
-----

それをアメリカの生理学者
ウォルター・B・キャノンが
生理学の分野に持ち込みました。

生理学で「ストレス」とは
 
 
交感神経が興奮し、
動悸を速め、
血圧を上げ、
呼吸を促進し、
副腎髄質からアドレナリンを分泌させて
血糖値を上げ、
筋肉を緊張させる
 
 
などの状態のことです。
 
 
 
その後、ストレスを
カナダの医学者、ハンス・セリエが
人体に当てはめて理論化しました。

セリエは、
 
 
さまざまな外からの刺激が
生命体の負担となるとき、
その生命体に現れる機能的な反応
(生命体の歪み)
 

をストレスとしました。
 
 
さらに、人体にストレスを与える
要因を「ストレッサー」と名づけました。

私たちは日常会話のなかで、単に
緊張することをストレスと言っていますが

本来はこのように
定義されているわけです。
 
 
 
そして、セリエは、ストレスを
「良いストレス」と「悪いストレス」
に分けて考えました。

別の言い方をすると、
「快ストレス」と「不快ストレス」
です。
 
 
 
「快ストレス」とは、

私たちの身体に良い刺激を与え、
充実感を作り出すものです。

「不快ストレス」とは、

有害で病気を引き起こすものです。
 
 
例えば、
仕事が忙しいときには、
ストレスを感じますが、

これが充実感や達成感につながる場合は
適度なストレス、つまり、
「快ストレス」だと言えます。
 
 
また、
音楽をやっている方であれば、
その演奏会の前に起こる緊張(ストレス)、

しかし、
無事に乗り越えれば、
充実感や爽快感を得られる場合、

これも「快ストレス」だと言えますね。
 
 
しかし
充実感や爽快感を得られない場合や
定期的に積み重なっていくものの場合、
「不快ストレス」に変わります。

例えば、
毎日、必ず上司に怒られたり
満員電車で寿司詰め状態になったり。。。

つまり、
対処しなければいけないのは

「不快ストレス」
だという見方を
することができるかと思います。
 
 
「ストレス=悪いもの」
と一括りにするのではなく、

ストレスにも種類があることを知った上で
それに対処していく、

ということが重要なのかもしれませんね。


posted by かみん at 05:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 関係〜ストレス〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。