自分のこと好きですか?

あなたは、人間というのは、「何」で出来ていると思いますか?

頭痛を治すためにも

「人間」というものを知る必要があります。

「人間」というものを知れば、
あなたの頭痛を治すことがより効果的なものになります。


では、「人間」とは何で出来ているのでしょう?


それは、

身体と心、

言い換えれば、

「物質と情報」

で出来ています。

もっと噛み砕いて言えば、

あなたが普段食べている食料から
あなたの身体が創られ、

あなたが普段見聞きしている情報から
あなたの心が創られます。

そのため、今のあなたの

「物質と情報」

を見直すことが、頭痛を治す上でも非常に重要になってきます。

そして、その両面のバランスを考えることも、とても大切です。

しかし、あまりにも多くの人が

身体に対しても、
心に対しても

「無頓着」なのが現状です。

身体は、物質によって創られ、
心は、情報によって創られます。

大切なのは、
その「入り口」に目を向けることです。

普段の食習慣、生活習慣、ストレスへの対策など、
に注目する必要があるのです。

無自覚のうち
「身体の創造」というものは毎日起こっています。

身体や心が送ってくるサイン(兆候)を無視してしまうと、

必要な栄養分を摂取しなかったり、
有害な物質を摂取し続けたり
ストレスに我慢し続けたり、

ということが頻繁に起こっています。

また、

『もう年なんだなら』

『もうおっさん(orおばちゃん)だから』

『もう若くないんだから』

という台詞よく聞きませんか?

もしくは、
よく言ってたりしませんか?

このような口癖が
既に20代、いや10代の人が言っている有様です。

はっきり言って、

これは「恐怖」でしかありません。

他にも
『どうせ自分なんか・・・』
という言葉、

口に出したことはなくても、
心の中で思っていませんか?

そのように生活を送っていると、

いざ、病気になってしまった時に

『なんで自分は病気になってしまったんだ?!』

と思ってしまうわけです。

しかしこれって、冷静に考えてみれば、
「当たり前」
のことですよね?

自分に無頓着、ということは、

自分の身体のことを大事だと思っていないこと。


それは、
食べるものにも肌に触れるものにも、
身体にかかる負荷やストレスにも無頓着になります。

また、
自分の心を大事だと思っていないと、

自己卑下した口癖や思考で、
『自分は無価値だ』
を刷り込んでしまうのです。

自分が今までに蒔いた種が

無意識(潜在意識)で、
自分のことを大事していない、

『自分は無価値だ』
という思いが

今の 身体や心の 「病気」を作っているのです。

身体や心の不調は、
『今までとは変えるべきだ』
というサインと言えます。

では、一体どうすればいいのでしょうか?

もちろん、今日から
『自分を大切にしてください』
と言ったところで、

これは、人の「クセ」なので、
一朝一夕で出来るわけがありません。

でも、とても簡単な方法があります。

それは、
「情報」を取得すること
です。

言い換えれば、「知識」をつけることです。

正しい「知識」を持ち、
そして観察してみてください。

世の中には
どれほど多くの人が
自分のことを無頓着に生きているのか?

が分かります。


「知識」がなければ、

「どういう行動が自分を大事にすることなのか?」

もわからないし、

「なぜ自分を大事にしないといけないのか?」

ということすらわからないのです。



タグ:治す 頭痛
posted by かみん at 19:35 | Comment(0) | 改善する〜意外な改善方法〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。