お手軽!頭のガンガンの改善方法

休みの日に寝すぎると
頭周辺の血管が拡張して
周りの神経を圧迫することにより
片頭痛が起こる可能性があります。

ここでは、片頭痛の改善方法を
いくつかご紹介したいと思います。

1.冷やす
冷たいタオルなどを痛む部位に当てると、
血管が収縮して痛みの軽減に役立ちます。

温めるのは逆効果です。


2.軽いマッサージ・ストレッチ
こめかみのマッサージや
背筋をグーンと伸ばすストレッチを
行いましょう。
血行を良くする事を行います。

しかし、やりすぎると
筋肉を傷めてしまうので
やりすぎには注意しましょう。


3.カフェイン摂取
カフェインは血管を収縮させる
作用があるので、
ひと休みしてコーヒーや紅茶、
濃い緑茶などを飲むと
楽になることがあります。

カフェインを上手に使いましょう。


4.サプリメント摂取
薬がだめなら
サプリメントならどうでしょう?

夏白菊やマグネシウムは
昔から頭痛に効く成分として
使われてきました。

中でも、使った人の9割以上が効果を体感した
お勧めのサプリメントはこちら


5.炭水化物を摂る
空腹のとき血糖値が下がるので
脳はエネルギー不足だと感じ
活動が低下します。

脳血流の低下など様々な影響が起きるため
頭痛がすることがあります。

炭水化物をとって
栄養補給をしましょう。


6.暗いところで休む
片頭痛時は、音や光に敏感になる
場合があります。

音や光が無い場所で
おとなしく休むことで
良くなる場合もあります。

頭痛は温めれば治るの?冷やせば治るの?

「頭痛の治し方」
をネットで検索したとき、

・温めるとよい
・冷やすとよい

と全く正反対の情報が見つかります。

一体、どっちなんでしょう???


mayoi.jpg


例えば、
寝すぎて頭痛になった場合、
ボーっとしたりズキンズキンした痛みに
なるので、
血管が膨張したことが
原因です。
冷やすことが有効です。

しかし、その頭痛が
締め付けられた痛みになるので、
寝ているときの姿勢などにより
首や肩がこってしまったことが
原因です。、
温めることでこりをほぐすのが
有効です。

あなたがどちらの頭痛か
判断が出来ない場合は
実際に試してみるのがよいでしょう。

つまり、
冷やして痛みが治まらない場合は
温めてみる、
温めて痛みが治まらない場合は、
冷やしてみる、
ということを試してみてください。

タグ:頭痛

片頭痛の具体的な緩和の仕方

片頭痛って本当に
辛いですよね。

片頭痛は
頭の血管を拡張させ、
周りの神経を圧迫することで
痛みが発生するのです。

片頭痛の痛みを和らげる方法として主に
拡張した血管を収縮させるのが有効です。
具体的な方法は以下の通りです。

○痛む場所を冷やす
血管を冷やすことで血流を穏やかにし
血管を収縮させます。

○痛む場所を押さえる
手で押さえることで血管の流れを抑え、
血管が拡張するのを防ぎます。
はちまきをするのも良いです。

○暗くて静かな部屋に行く
片頭痛時は刺激に敏感になるため、
強い光や大きな音を避けることが重要です。
○カフェインを摂る
コーヒーなどに含まれるカフェインは
血管を収縮させる働きがあり、
拡張している血管を元に戻します。

また、
片頭痛の原因は、主に
普段の生活で溜め込んだストレスが
原因で発症します。
そのストレスが
そのため、片頭痛を治すためには
その普段の生活の見直しが必要です。
具体的な方法は以下の通りです。

○規則正しい生活
規則正しい生活リズムを過ごすことで
自律神経を整えて
痛みの原因となる血管の膨張を
おさえます。

○睡眠の改善
質の高い睡眠をすることで
脳内の疲労物質を取り除きます。

○ストレスをためない・ストレス解消
自分が精神的・肉体的ストレスを
どういう時に受けるのかを知り、
意図的に避けることが大事です。

○食生活の改善
チョコレートや赤ワインなどの
特定の食べ物、
また、添加物や質の悪い水や油を使った
食物は頭痛を引き寄せます。
逆に、マグネシウムやビタミンBは
頭痛になりにくくします。


タグ:片頭痛
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。