昔から学ぶ

あなたは、
・地産地消
・身土不二
・医食同源

という言葉を聞いたことが
あるでしょうか?


難しい四字熟語ですが、
これらは
頭痛を治したり、
健康には欠かせない要素になります。

実は、日本の食、
つまり和食には昔から、
これらの要素が含まれているのです。


和食を知ることで、
日本人の今の食生活で見直すべき点
についてもわかります。

では、具体的は
どんな要素なのでしょうか?




時は江戸時代。

大きな戦争もない平和な世の中なので
文化は飛躍的に発展しました。

その中でも、食文化の発展には
目を見張るものがあり、

多くのレシピ、
つまり、料理本が出版されました。


このような料理本の多くには、
冒頭に

「料理の基本的心構え」

という記述があります。



「料理はその席あるいは
その客の躰心(たいしん)に
よりて献立し塩梅いたすべし」

つまり、

「食べる人の体や心の状態に合わせて、
料理の献立や味つけに配慮しなさい」

という意味です。


こうした様々な教えが当時の
料理本には満載でした。



そして、別の料理本には、

「三里四方の野菜を使え」

という教えもあります。


つまり、
「遠くから運ばれた野菜は
鮮度が落ちて栄養価も下がるので、
食べないほうがよい」

新鮮な野菜を食べなさい

というわけです。


これは、「地産地消」
の考え方です。


「地産地消」
とは、その土地で採れた作物を
その土地で食べることです。


今は、流通技術の発達で、
遠く離れた土地の作物を食べることができますが、

その採れた土地で食べた方が、
頭痛を治すためにも健康にも効果的なのです。

その土地の食材が
一番美味しいだけでなく、
身体も元気に健康にしてくれる。

というわけです。



江戸時代は、
病院もなく薬も簡単には
手に入らない時代です。

当時の養生法指導として、
食べ物が精神と肉体の両面に
及ぼす影響の大きさを説き、

食材、料理法、加工法に知恵を絞り、
しかも美味しく食べるための
工夫を重ねたことは、

現代の高い和食文化の裏に隠れた
先人たちの功績です。


ぜひあなたも、
先人の知恵から何を引き継ぎ、
次の世代に何を
繋いでいくべきか?

それを考えてみてはいかがでしょうか?


posted by かみん at 15:35 | Comment(0) | 治す〜根本的な方法〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

食べないと頭痛が治る?!


ずばり、
断食によって、病気も治るそうです。

40日の断食を2回行えば、
ほぼすべての病気が治るそうです。

また、むし歯になっても、断食で治る
とも言われています。
 
 
ほとんどの病気は、
「細胞の書き換えのエラー」です。

そもそも病気というもの、
特に腫瘍やガンは
職場や家庭のストレス、継続的な抑圧からくるものです。

食べ物も重要ですが、
人間関係という生活習慣が一番の原因と言えます。

つまり、ガンは遺伝の要素よりも、
普段の生活の場からくるものです。
 
 
遺伝子自体がガンを生むのではなく
家族としての生活習慣がガンを生み出します。

その後の習慣の方が大きいわけです。
 
 
少し難しい話になりますが、

以前の定説として、

細胞に既に書き込まれている
セントラルドグマ(1958年にフランシス・クリックによって提唱された分子生物学の基本原則)
と言われるものが、
その人を支配している

という考え方が主流でした。
 
 
しかし、実際は
細胞膜が環境に応じて独自に反応・判断する
というのが正しいようです。

つまりは、
生まれだけでなく、
その後の環境によって細胞の挙動が変わるわけです。

気功の世界では、
「先天の気」というものは
遺伝情報のことを指します。

そして、一方、
育ってから社会的に獲得したものは「後天の気」と呼ばれます。
 
 
断食は、先天の気を呼び覚ますものです。

人間は、生まれてから様々なものに影響を受けるため、
今までの人生の情報でとてもごちゃごちゃしたものになっています。

それを断食で整理できるわけです。

専門的な言い方をすれば、
情報世界のエラーが物理世界に反映されるわけです。

物質的な行動の背景には、
心があります。

細胞が変わると心が変わります。
(これを「随伴現象」と呼びます。)
 
 
また、病気とか不安から解放されたいなら
覚悟を持って環境を思い切り変えた方がよいのです。

病気を治したいときとは、
言い換えれば、病気という現在の状況を「否定」している
ということですよね?
 
 
そのためには、
病院や薬というものを使う、

ということも選択肢の1つとして大事ですが、

病気という現在の状況をまずは「肯定」し、
「なぜ自分が病気になったのか?」
ということを見つめなおすのも、
大事になるのではないでしょうか?
 
 
 
以上のように、頭痛を治す上でも「断食」は有効です。
 
 
ただし、通常、断食をした後に
いきなり食べると
場合によっては死ぬことがあるそうです。

そこまで行かなくても、
不確定な知識のまま断食をすることで
返って、身体に不調をもたらすことがあります。

あなたがもし断食をやってみるのであれば、
しっかりとした知識を得たり、
プロのアドバイスを聞いてから行うことをお勧めします。
タグ:頭痛 直す
posted by かみん at 19:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 治す〜根本的な方法〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

頭痛を治すためには・・・

【頭痛を治したいのなら・・・】

突然ですが、あなたは「ケア」していますか?

・道具のケア
・車のケア
・機械のケア
・家のケア

または、人間でも、
・ヘルスケア
・メンタルケア
・ボディケア

色々なケアがあります。
 
 
「ケア」とは具体的には、
・手入れをすること
・良い状態を保つこと
・始末をつけていくこと

等です。

そのケアの継続と質は、
そのケアをする「身体や心の状態」
に作用します。

そして、「身体や心の状態」が
生活の質、そして、
人生の質を変えていくのです。

つまり、ケアとは、

・日常すべて
・生活まるごと
・人生そのもの

と言っていいです。
 
 
そう、ここまで言えば
賢明なあなたはもう
お気づきですよね?

ケアとは、
「頭痛を治すことそのもの」であると。
 
 
本来は、

「何か特別なことをしなくてはいけない」

ということではありません。

しかし、ケアとは、
大抵が面倒なものだと
感じてしまうものです。

地味でもある、地道でもある。

それゆえに、
疎かにしても誤魔化しは
いくらでもききます。

しかし、やがてその誤魔化しの
ツケは、しっかりと回ってきます。

病気や太る、という結果に。
 
 
また、家を体に見立てみても、

どんなに立派な設計図の元に
頑丈な家を建築したとしても、

その後のメンテナンスを怠れば、
家は朽ち果ててしまうのは
明らかです。
 
 
 
頭痛を治すこととはケアすることである、
ちょっと意識してはいかがでしょうか?

タグ:頭痛 ケア
posted by かみん at 23:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 治す〜根本的な方法〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする