サプリメントの品質の現実

【サプリメントの現実〜品質の現実】
こんにちは。

このブログでは、
頭痛予防としてサプリメントを
推奨しています。

そのため、
これから利用しようという方も
いらっしゃると思います。

そこで、今回は、
サプリメントについての
品質の判断の仕方について
話をします。
参考にしていただければ
光栄です。
1.jpg






「日本製品の品質は世界一」
と言われていますが
残念ながらサプリメントに関しては、
そう言い切れることはできません。

日本で、サプリメントは、
「食品」
に分類され、
トクホ(特定保健用食品)
栄養機能食品、
機能性表示食品
等に分類されています。

しかし、
サプリメントに関する法律や
明確で統一された
品質管理ルールがない
のが現状です。

製造や品質の管理は
GMP(Good Manufacturing Project)
に準拠することが強く望まれていますが
義務化はされていません。


例えば、
「Aという成分を
100mg含むサプリメント」
と言っても、
メーカーが使った原料や
出来上がった製品に
本当にAが100mg含まれているのか
チェックせずに
販売することも可能となっています。

その結果、玉石混淆の
サプリメントが市場に
出回っているのです。


米国のサプリメントと、
日本のサプリメントを比べると
最も大きな違いは、
製品の品質管理の基準です。

米国では
食品に機能性を謳うことが
できます。

米国では、しばらく前は、
製造・品質に
明確な管理基準がありませんでした。

当時の米国のサプリメント業界は、
GMP基準を設定して、
自主的に管理を行なっていましたが
任意であるがゆえに
品質の悪いものが市場に
出回っていました。
そこで、
2007年〜2009年にかけて
サプリメントメーカーに
サプリメント品質管理基準
「cGMP」
の取得が義務付けられました。
「cGMP」の「c」とは
「最新版の」
を意味します。
つまり、
サプリメントの品質管理基準の
最新版のルールを意味しています。

米国産のサプリメントは
現在では、
最新のルールに基づいて
製造・品質が管理されている
ということです。

この品質管理基準は
米国食品医薬品局(FDA)
世界保健機構(WHA)
や他の関係諸機関によって
定められ、
多くの先進国で
順守が義務付けられている
国際基準です。





そして、日本では、
2005年にcGMPに比べて
比較的緩いGMPを取得するのが
「望ましい」
とされただけです。

自主的に
GMPを取得する企業もありますが、
品質管理の方法やレベルに
かなりの差があり、
統一されていない状況なのです。


posted by かみん at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | サプリメントを知ろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

よいサプリメントの選び方

頭痛を治したい!
血液をサラサラにしたい!
バランスの取れた食生活を送りたい!
食物から栄養を摂るのは面倒だ!
食生活を改めなければならない!

などの要求があるとき
サプリメントを使う機会は
あなたにも増えてきたのでは
ないでしょうか?

しかし、
サプリメント商品は
玉石混交です。

原材料が厳選されている
質のよい物から
化学物質をいっぱい混ぜた
質の悪いものまで
様々です。

そのため、ネット上には
賛否両論飛び交い、
何を買えばよいのかが
よくわからない状態になっています。

そのため、
原材料をよく読み、
主要
成分以外のものが
多く含まれているサプリメントは
避けるようにしましょう。

もちろん、
原材料の表記がないものは論外です。


また、効果が高いサプリメントは
その自信の高さから
「全額返金保証」
がついているものが多いです。

1つの目安としてご検討ください

また、サプリメントが
効果があるかどうかは
体質にも影響します。

そのため、
サプリメントを実際試してみて
ご自分に効果があるものを
摂取していくのがとても大事です。

本当に効果があるかどうかは
3週間程度が目安です。

posted by かみん at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | サプリメントを知ろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サプリメントの注意点

サプリメントは薬ではないので
副作用がなく、
いくらでも摂取してもよい、
ということはありません。

摂取の仕方によっては、
副作用が起きる可能性がありますので、
下記の注意点をよく読んで
利用してください。

病気療養中・薬を服用している人は、
医師に相談をする

なんらかの病気を抱えている人は、
飲む前に医師に相談をしてください。

サプリメントの種類によっては
血糖値が変わるなど、
体調に影響を及ぼすものもあるからです。

また、薬を服用している場合も
注意が必要です。
例えばビタミンKは
多量に摂取した場合、
血栓症予防薬の効果を
低下させることもあります。

たくさん飲めばいいわけではない

栄養が摂れるからと、
むやみやたらに飲むと逆効果です。

過剰摂取せず、
ラベルに書かれた用法を
きちんと守りましょう。

特にビタミンAやビタミンDは、
重大な健康障害が
あらわれることもあります。

大人用は6歳以上になってから

小さな子供の場合、
大人用のサプリメントを飲むと
栄養の過剰摂取に陥る可能性があります。

また、錠剤を喉につまらせたり、
噛(か)み砕く場合もあります。

安易な服用は避け、
必要と思われるときは
小児科医などに相談しましょう。

また、子供に飲ませる場合は
子供用のサプリメントも販売していますので
そちらをご利用ください。


場合によって避けるべきサプリもある

妊娠中はビタミンAを避けてください。
妊娠初期にビタミンAを摂り過ぎると、
赤ちゃんに奇形が起こる
可能性があります。
妊娠中の摂取には
十分気をつけてください。

喫煙者はβ−カロチンを避けてください。
β−カロテン摂取によって
肺癌(がん)リスクが高まる
可能性があります。

posted by かみん at 17:11 | Comment(0) | サプリメントを知ろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。