「ずきしらずの実」3ヶ月間試してみました

「ずきしらずの実」
効果がどれほどのものか、
実際に飲んで試してみました。

20150628_144749_808.jpg

ちなみに私は
20年以上も片頭痛に悩み続けてます。


20150628_145248_722.jpg


いざ!



【1日目】
とりあえず1日5錠と言われたので
5錠飲んでみました。
何も変化なし。

【2日目】
また5錠飲んでみました。
やはり変化なし。

【3日目】
今日は片頭痛が起きてしましました。。。
まあ、まだ効果なんてわからないですよね。

【1週目】
三日坊主にならず
飲み続けています。


【2週目】
今日も片頭痛の兆候が。。。
痛い!けど、いつもよりは痛くないような?気のせいか?


【3週目】
今日もまた片頭痛!
でも、前よりは痛くない気が。
たぶん。


【4週目】
相変わらず飲み続けています。
だいたい1週間にいっぺんは
片頭痛がありますが、
今週は、、、ない!
まあ、そんな日もあるかな。


【5週目】
発作が起きました。
強烈なやつ!!
でもいつもは吐いてしまうのに
今回は吐き気はない!


【6週目】
今週は発作がないみたい。


【7週目】
また発作!
でも、今回のは明らかに
いつもより痛くない!
やっぱり、効果はあるんだ!
って確信しました。


【8週目】
今週も発作はなし。
でも、飲み続けています。


【9週目】
今週は発作あり。
でも、前よりずいぶん楽かも!


【10週目】
今週も発作なし。
確実に頻度も痛さも減ってきてる


【11週目】
今週も発作なし。
やっぱり飲み続ける効果はあるんだ!


【12週目】
あ、発作が来た!
でも、無理しなければ大丈夫そう。


【13週目】
発作なし。


ということで、約3ヶ月間の
レポートでした。
感想としては、
始めは全く効果が実感できなかった。
しつこく飲み続けると、
だんだん痛みが弱くなっていくような
気はしてきました。
1ヵ月半くらいで、効果があることを
実感できました。
そして3ヶ月。。。
ほとんど治っている感じです。

やっぱりこのサプリメントすごい。


でも、これはあくまで個人の実体験で
あって、あなたに同じ効果があるとは
限りません。

効くかどうかは、
やはりあなた自身が試してみるしか
ないと思います。

そのための「全額返金保証」ですからね。






ずきしらずの実の試してみるならこちらから


「ずきしらずの実」代表の人は"ほのぼの"してますね

ずきしらずの実の定期便に
代表の人のあいさつ文が
また入っていました!
代表挨拶1_1.jpg

代表挨拶1_4.jpg

代表挨拶1_2.jpg

代表挨拶1_3.jpg


画像だとわかりにくいかも
しれないので
書き起こしてみたのが
以下です。


-------
北の快適工房をご愛顧くださる皆様へ

こんにちわ、北の快適工房代表の
木下勝寿(きのしたかつひさ)です。
皆様いかがお過ごしでしょうか?
北海道はやっと桜の季節になりました。
皆様の地域は、春というよりは
もう初夏の陽気でしょうか?


北海道では茶色がかった山々や道端も、
様々な草木や花が咲き始め
散歩をするのに楽しい季節になりました。
北海道では冬には自転車に
乗れませんので、
長い春が終わり、自転車に乗れるのが
嬉しくて仕方がない方も多いようです。

よく、「北海道あるある」として
出てくる話ですが、
田舎の道には「○○まで100km」などの
看板が出ていることがあります。
しかし、北海道は道が広く
まっすぐで信号も少ないので、
100kmでも意外にそんなに
時間はかありません。
だから、北海道民は全く驚くことなく、
「100kmなんてすぐでしょ」と言って
ドライブを楽しみます。
ほっかいどうはでっかいのです。

自転車でも、
「え?そんなところまで行ったの?」
という話をよく聞きます。
この前は
「札幌から積丹(しゃこたん)
まで行ってきました」
というスタッフがいました。
積丹とは札幌から約90kmくらいの
海沿いにある街で、
「積丹ブルー」と呼ばれる青く
美しい海が有名で、
海産物も最高に美味しい地域です。
特に「ウニ」がとっても美味しいので、
そのスタッフはウニドンを食べに
行ってきたようです。

サラッと
「積丹に自転車で行ってきました!」
と言いますが、
自転車で90kmを往復するなんて…
他のスタッフに聞いてみると、
「高校の夏休みでキャンプをしながら
自転車で富良野まで行ってきましたよ!
(札幌〜富良野約114km)」
とか、
「高校まで片道20kmを毎日1時間半かけて
自転車で通学していました」
など、
北海道民の距離感覚はすごいですが、
工房のスタッフは、
さらに体力面もすごい強者が
そろっているようですね。


しかし、それと同時に
「すごく健康的だな、豊かだな」
と思います。
春が訪れるとともに外に出て、
風邪を浴びて身体を動かし、
その季節の風景を見て、
美味しいものを食べるというのは、
身体はもちろん、心も非常に豊かになると
思います。
身体のバランスと心のバランスの
どちらでも保たれてこそ、
健康であると言えるのではないでしょうか。
北海道は四季がはっきりしているので、
それをかんじやすい土地勘といえますね。
北海道にいたした際は、
是非、サイクリングを
楽しんでみてください。
道も広いですし、
気持ちいですよ。
※いきなり100kmのサイクリングは
お勧めしません(笑)。
無理のない範囲での運動をしてくださいね。

したっけ
(北海道では「それじゃあ」のことを
「したっけ」と言います。)
来月もお手紙を書かせていただきますね。


北の快適工房代表
木下勝寿(きのしたかつひさ)





-------

「ずきしらずの実」の代表の人って
"ほのぼの"した感じの人ですね。









ずきしらずの実の購入はこちらから




「ずきしらずの実」の健康管理士からのアドバイスがまた来ました!

ずきしらずの実を注文して一ヶ月、
定期便でまた「ずきしらずの実」が届きました。

そうしたらまた、
健康管理士からのアドバイスが書いた紙が
入っていました!


健康管理士からのお便り2_1.jpg







健康管理士からのお便り2_2.jpg





健康管理士からのお便り2_3.jpg





健康管理士からのお便り2_4.jpg


画像だとわかりにくいかも
しれないので
書き起こしてみたのが
以下です。


-------
北海道に住む
健康管理士からのおたより

北の快適工房では
健康管理士が常任しており
皆様の健康相談を受け付けております。
この「健康管理士からのおたより」では、
北の快適工房が考える
健康に対する考え方を
少しでも知っていただき、
皆様の生活がより快適になるよう
様々な情報をお届けいたします。


今月のテーマ
実は年齢に関わらず起こる
「五月病」とは?

「五月病」は、
ゴールデンウィークがあけた頃から
六月にかけて症状が出始める
新しい環境になじめないことに起因する
様々な症状の総称です。
この五月病、新社会人が研修などを終え、
部者配属後の仕事のストレスで
症状が出るのが一般的でしたが
部署移動や転職などをきっかけに症状が
出ることもあり、
ねんれに関わらず、
同僚や後輩がいる方なら、
いつ周囲の人が五月病になっても
おかしくない状況なのです。

五月病は具体的に心の症状と身体の症状に
分けられます。
心の症状は
「気分が落ち込む」
「仕事や勉強、家事などに集中できない」
「今まで楽しかったことが
楽しめなくなくなる」
などあります。
また身体の症状には
「下痢や腹痛」
「めまい」
「吐き気」
「ひどい肩コリや頭痛
「疲れやすい」
「眠れない」
「朝起きられない」
「食欲がわかない」
などが挙げられます。
自分自身はもちろん、
家族や職場の同僚・後輩など
周囲の人も含め
五月病になってしまわないよう、
意外と知られていないその予防法
をご紹介いたします。


◆五月病の予防
五月病の原因は主にストレスによる
精神への影響と言われています。
ストレスによる気分の変化は
脳内の「セロトニン」という物質が
深く関わっています。
セロトニンは別名「幸せホルモン」
とも呼ばれていて、
このセロトニンを増やすためには、
日常生活で
以下の点を心がける事が
大切です。


◆リズミカルに身体を動かす
元気な脳に欠かせないのがセロトニン
という物質です。
セロトニンは精神を
正常に保つ効果があり、
感情の暴走を抑える働きをします。
適度な運動はセロトニンを増やす
働きがあり、
ジョギングやウォーキングなど
リズミカルに身体を動かす運動が最適です。

◆良質なタンパク質と睡眠時間の確保
セロトニンを身体で作るにも
モトとなる材料や環境が必要です。
その材料となるのが
「トリプトファン」
という物質で、
肉・魚・大豆製品など
タンパク質が豊富な食品に
含まれています。
サプリメント等もありますが、
アミノ酸単体で摂取しすぎると、
肝臓に負担がかかる事もあるので
やはりバランスのとれた食事が大切です。
そしてセロトニンを増やすには、
不規則な生活や睡眠を解消することが
大切です。
5〜8時間の睡眠を確保し、
朝起きたら、太陽を浴びましょう。
睡眠中はほとんどセロトニンは
分泌されませんが、
寝起きて太陽の光を浴びると
朝を感じセロトニンの分泌が
活発になります。


◆近い距離での他人との関わり
近い距離とは、実際に対面し
近しい距離でふれあう、
会話を楽しむ
といったことが大切です。
例えば
仕事後の食事や飲み会、
2人以上で行うスポーツや、
家族等の近しい間柄であれば
一緒に入浴するなども
非常に良い方法です。
自分以外の人と触れ合うことで、
セロトニン分泌を
活性化させます。
以上が五月病予防に
効果的なものです。
どれも当たり前のことのように
思えても、
仕事が忙しくなると、
ついつい乱れがちですよね。
日常生活に上記の時間を
予め確保することで、
実践に繋げやすくなります。
自分自身はもちろん、
周囲に上記の予防が
足りてないんじゃないか…
という人がいたら、
先手先手で声をかけてあげてください。
そうすることで日常の精神状態を
ヘルシーに保つ事ができ、
快適な生活を送れるように
なります♪




いつでも気軽に私たちにご相談ください!
無料健康美容相談専用ダイヤル
0570-55-0717
[対応時間]10:00-12:00/13:30-17:00
(土日祝休)







-------

セロトニンの話って、
このブログでもよくでてきますね!








ずきしらずの実の購入はこちらから