ピルをやめたら頭痛がするようになった

ピルを定期的に服用している
女性は多いです。

低容量ピルは
女性ホルモンを
コントロールする効果がありますが、
片頭痛を抑えるために、
低容量ピルを飲む、
ということもあるのです。
女性ホルモン(エストロゲン)
の低下によって
血管の収縮をコントロールする
セロトニンという物質が減り、
そのために片頭痛が起こります。
ピルの服用で、
エストロゲンが減らないようになり、
片頭痛防止に効くのです。

しかし、
ピルの服用をしていると、
結節性紅斑と呼ばれる
炎症が起こることがあります。
それがピルによる副作用の場合、
頭痛が起こることがあります。
これは片頭痛である可能性が高いです。
もちろん、
結節性紅斑の原因は様々で、
感染菌・ピルなどの薬剤の副作用
など様々あるので、
しっかり
結節性紅斑の主原因を突き止める
必要がありますが、
ピルの服用をやめたために
片頭痛になった可能性は
充分にありえるのです。


タグ:頭痛 ピル
posted by かみん at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 関係〜生理〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

妊娠時の頭痛

女性の場合、
女性ホルモンの量の変動、
つまり、生理の状態によって
片頭痛になることがあります。

また、妊娠したときでも
頭痛が起きることがあります。

妊娠初期では、
女性ホルモンの影響により
今ままで頭痛が無かった人でも
頭痛が起こるようになります。

妊娠中期・後期では逆に
ホルモンが安定するので頭痛は
起きにくくなります。

また、人により違いますが、
食欲が急になくなる場合と
急に増える場合
があります。

増える場合、
空腹時に特に頭痛が起こりやすくなる
傾向があります。


また、
妊娠は3週間目から
頭痛を始めとしたつわり
の症状は出始めます

タグ:妊娠 頭痛
posted by かみん at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 関係〜生理〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性は知って起きたい。ピルで頭痛を抑える方法と注意点

片頭痛を抑えるために、
低容量ピルを飲む、
という方法もあります。


月経前後の
女性ホルモン(エストロゲン)
の低下によって
血管の収縮をコントロールする
セロトニンという物質も減り、
そのために片頭痛が起こるのです。

つまり、低容量ピルを飲むことで
女性ホルモンをコントロールし、
月経前後の頭痛が起こりやすい時期に
頭痛が起こりにくくする、
ということなのです。


また、低容量ピルの副作用として、
飲み始めはホルモンバランスが
調整されるまで、一部の
頭痛・吐き気・不正出血などの
副作用が起きることがあります。


基本的に1日1錠です。

また、低容量ピルは
数年から数十年単位で
飲み続けてもよく、
女性特有のがんの減少、
不妊の減少
などの効果があります。
(もちろん、排卵日をずらすことで
避妊効果もあります)


またピルは
ホルモンバランスを変化させる薬です。
避妊や女性器の問題には
的確に対処できますが、
ホルモンバランスが乱れるという
問題があります。

つまり、
そのホルモンバランスの乱れにより
片頭痛を悪化させるパターンもあります。

ただ、それは、
前兆のある片頭痛もちの方の話で
前兆のない片頭痛もちの方であれば
ピルの使用は原則的にNGとはならず、
医師の慎重な見極めがあればOK
とされています。

ピルによって変わってしまった
ホルモンバランスで
頭痛を引き起こしているとき、
数か月すると新しいホルモンバランスに身体が適応して
頭痛が治まることがあります。


まずはピルを飲み始めて
頭痛があっても1-2か月様子を見て
症状を見ながら適宜休んだりして様子を観察してください。


posted by かみん at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 関係〜生理〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする