更年期障害の症状と治し方

中高年の女性に
手首や足の裏の痛み、頭痛、発汗
などが起こると、
更年期障害だと
判断する人がいます。

更年期障害は
ホルモンの低下などにより
自律神経が乱れ
様々な症状をもたらす状態です。

しかし、
他の病気の可能性もありますので、
自己判断は危険です。
・狭心症
・甲状腺障害
・くも膜下出血
・リウマチ
・腎臓病
など中後年の女性がかかりやすい病気は
いくつかあります。

「更年期外来」という
病院の科がありますので
そこで判断してもらうのがよいかと
思います。


ちなみに、
「更年期障害」は、
あらゆる他の病気の検査をし、
どれにも該当するものがない、
検査結果異常なし、
という状態のときに、
そう判断されます。
予備知識として持っていてください。
(ホルモン量も目安としては使われますが)


さて、更年期を抑える方法として、
最も理想的なのは、
健康的な体を維持することです。

つまり、
適度な運動・睡眠、
充分な栄養、
充実した精神、
が必要です。

しかし、なかなか実現が難しいため、
・ホルモン投与
・漢方
・食事療法
・プラセンタ(哺乳類の胎盤)
・サプリメント(命の母など)
・温熱療法
・アロマテラピー
・ツボ押し
など様々な手法があります。

人によって
効く効かない、
続けられる続けられないは
大きく違いますので
色々試してみて合った方法を
選択されるのがよいかと思います。


また、更年期障害の症状としては
そのほかにも
・顔のほてり・のぼせ・
・不眠・肩凝り・めまい・
・怒りっぽい・疲労感・倦怠感
・無気力・憂鬱
・動悸・息切れ
・腰や手足の冷え痛み
など様々あります。

タグ:更年期障害

頭痛と男性更年期障害と治療法

頭痛といえば、女性、
そして生理がある若い女性に多い、
というイメージが多いですが、
実は男性の更年期の方でも
発症することがあります。

男性ホルモンの1つ、テストステロンは
筋肉や骨を大きくし、
「男らしさ」を形成するために
必要な物質です。
それが更年期により減少することにより、
筋力の低下やそれに伴う筋肉痛、
疲労感があらわれます。
それらの影響で
ほてり、発汗、頭痛、めまい、
などもその症状として現れます。


主な治療法として、
女性の更年期障害と同様、
ホルモン補充、という手段がありますが、
副作用などのリスクも高く、
高価なのが難点です。


その代替手段として、
1つには「漢方」が挙げられます。

漢方は副作用も少なく、
高い有効性が認められています。
以下の症状に対して
漢方薬が処方されます。
・うつ状態
・循環器系障害(のぼせ・ほてり)
・感覚器系障害(めまいなど)

また、治療法とは別口に、
普段の生活習慣を見直すのも大事です。
・食事の改善
更年期では、
それまでの食事の好みなどが固定化し、
新しいものを食べない傾向があります。
不足しがちな栄養分がとれず、
症状を悪化させることも
少なくありません。
食生活をきちんと
見直してみることが大切です。

男性の場合、重要なのは
ミネラルの1つである亜鉛です。
亜鉛が不足すると、
疲れやすくもなります。
亜鉛を多く含む食品には、
カキ(牡蠣)、
魚介類、
海藻類、
ナッツ類、
レバー
などがあります。

亜鉛は体内で
吸収されにくい栄養素ですが、
ビタミンCを一緒にとると
効率よく吸収されます。
また、
免疫力を低下させないためには、
ビタミンB群・C・E
などの抗酸化ビタミンも
積極的にとる必要があります。


・生活の改善
生活習慣の乱れも、
更年期障害を悪化させる
原因の1つです。
特に睡眠不足や運動不足は、
大きな影響を及ぼします。
不眠などの状態が続くと疲労がたまり、
精神的にも落ち込みやすくなります。

夜更かしの習慣がある人は、
早寝早起きに切り替えてみましょう。
また、寝付けない人や
途中で目覚めやすい人は、
就寝前にウォーキングなどの
軽めの運動をして、
体を適度に疲れさせると
眠りやすくなります。

ストレスが続いている時は、
呼吸が浅くなり、
血液の流れも悪くなっています。
ウォーキングや水泳などの有酸素運動は、
呼吸を深くし、
血液循環も良くするので、
定期的な運動を取り入れることも
更年期障害の解消に役立ちます。


頭痛と更年期障害と太らないために

更年期障害の頭痛は、
更年期障害がある人の
約7割もがこの症状に
苦しんでいると言われています。

更年期障害の頭痛の主な原因は、
女性ホルモン(エストロゲン)の
減少により、
ホルモンのバランスや自律神経が乱れて、
脳への血液の供給が不安定となることです。

イライラや疲労感、
のぼせやほてり、
めまいや吐き気
などを伴って起こります。


その更年期障害への対策としての
ホルモン補充療法が広がってきましたが、
その副作用として
「太りやすくなる」
のがあります。

そのために、不安になる人は
とても多いです。

また、ホルモン治療だけに頼ると
太るだけでなく、
その他の副作用も無視できません。


しかし、
ホルモン補充治療をしない、
という選択肢もあるのではないでしょうか?

太りたくないのなら
そのことを医師に話して、
代替治療を提案してもらいましょう。


また、そもそも
更年期障害を発症させないように
する、という考え方もあります。

更年期障害の原因は、
これまで無理をしてきた
ストレスにあります。

ストレスの量が過剰になってしまい、
女性ホルモンのバランスが
一気に乱れていくためです。

ですので、
頑張りすぎは禁物です。

もしアレもコレもと
欲張って頑張りすぎていることに
気が付いたら、
この時期こそ、
健康で楽しい人生を続けられるかどうかの
分岐点だ、という意識を持ち、
一度徹底的なスケジュールの整理を
してみるといいのかもしれません。


実際、更年期に入っても
やせている人は少ないですが現実にいます。

できるだけ、
自分でできることとも行いながら、
ホルモン療法に頼るのは最小限に留める
といったスタンスをとることを
お勧めします。