長く続く高熱と頭痛。その原因と対策

長い間、
高熱とそれに伴う頭痛が
起こることがあります。

高熱が続く病気として
・感染症
・自己免疫疾患
・器質的疾患(悪性腫瘍)
・心因性
が考えられます。

その中でも、一番可能性の高いのは
ウイルスによる感染症です。
風邪(雑菌)も
感染症の一種ですが、
高熱になることはまずありません。

ただ、この感染症、
どこに菌やウイルスが入る込むかにより、
通常の検査では見つからないことが
多いのです。

また、検査というものは通常、
流行していたり、
かかりやすい菌やウイルス
があるかどうか、を見つけるためのもので
珍しいものや、未発見のものに対して
見つけるのは大変難しいのです。

原因を見つけるのが
目的であれば
大きな病院で徹底的に検査するか、
よほど腕のいい医師にかかるか、
しかありません。

ただ、人間には免疫というものがあるので
若くて健康的な人ならば
大抵の感染症は、
安静にしていれば治ります。


精神的なものプレッシャーがある場合、
高熱を長引かせる原因にもなりえます。
タグ:高熱 頭痛
posted by かみん at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 併発〜発熱〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

熱が上がったり下がったりに応じて頭痛がする?

熱が上がったり下がったりに応じて
頭痛がすることはありませんか?

それは、
風邪を始めとする感染症の疑いが高いです。
熱が上下が激しい場合、
「不明熱」と呼ばれ、
これで咳が出るなら結核
と診断されます。

また、
熱が1週間以上続く、
上がったり下がったりする場合には
肺炎が疑われます。

アデノウイルスやリケッチア
と呼ばれるウイルスなどは
数時間おきに
熱が上がったり下がったりを
繰り返します。


また別に、
特殊な感染症でなくても
朝と夜で熱の差が大きく出る場合も
あります。
通常、人間の体として
基本的に睡眠時に体温が下がる
ようになっているため、
朝だと体温が上がりきっておらず
平熱より低い状態になっているからです。


さらに解熱剤の服用でも
熱は上下します。

ウイルスが死滅していけば
熱は自然に下がっていくのですが、
薬で強引に熱を下げると
その分ウイルスが長生きしてしまうので、
身体は再び熱を上げて
ウイルスと闘う必要があります。

実はこれが
風邪の経過中に
熱が上がったり下がったりを
繰り返す一番の原因なのです。

あまりにも長くこの状態が続くようであれば
病院の受診をお勧めします。

タグ:頭痛 発熱
posted by かみん at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 併発〜発熱〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

更年期?定期的な発熱と頭痛

50代後半で
定期的に起こる
発熱と頭痛!

これは俗に言う更年期障害!?

確かにその年代で、
なんの前触れもなしに
発熱と頭痛が起きるのは
更年期障害の一種かもしれません。

ただ、1日2日程度で
症状が治まってしまったなら
更年期障害だとしても
病院に通うほどではないと思われます。

更年期障害といっても
生活習慣や体質の違いにより
症状が現れる人と現れない人がいます。

逆にそんなに症状が重くないのに
更年期障害として病院に行き、
処方された薬の副作用で
逆に体調を崩してしまう、
というパターンもありえます。

もっと頻繁に起こったり、
長く症状が続いてから
病院に行っても大丈夫です。

また、更年期障害の病院ですが、
更年期専門外来、を行っている病院が
ベストでしょう。
また、女性なら婦人科です。

もし、お近くにない場合は
症状に合わせた科に行くのが
よいと思われます。


また、更年期障害以外にも
定期的に急な発熱・頭痛を伴う
病気もあります。

○慢性活動性EBウィルス感染症
EBウイルスと呼ばれるDNAウイルスが
唾液を介して
リンパ球やNK細胞へ感染します。

定期的な発熱、
頸部リンパ節腫脹、
咽頭痛
などを発症します。

病気の確定には、
詳細な血液検査が必要です。

○周期性発熱症候群(PFAPA症候群)
詳しい原因は不明ですが
遺伝子レベルの免疫異常、
すなわち、細胞性免疫が活性化すること
によって発症します。

定期的な発熱、
口内炎、
頸部リンパ節炎、
咽頭炎
を主症状とする病気です。

患者の多くは5歳以下の乳幼児期に
発症しますが、
近年では成人で発症する症例
が見つかっています。

とても診断が難しく、
確定には遺伝子検査が必要になります。

これらの病気は
1ヶ月〜数ヶ月に一度のペースで定期的に
発症します。
もし、定期的に症状が発生する場合は、
上記のような病気の可能性も
考慮してください。

posted by かみん at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 併発〜発熱〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする