食後に頭痛や吐き気が起こる!なんで?!

食後に、頭痛や吐き気が起こる
場合があります。、
その原因として
考られる原因は
以下の通りです。

○低血糖症
低血糖症とは、
血液中の糖分(ブドウ糖)が
異常に低下してしまう症状です。

脳は糖分以外のエネルギーを
使用することがありませんので、
低血糖症となってしまった場合、
脳はエネルギー不足の状態となる
ことになります。

エネルギー不足となった脳は、
アドレナリンが作用して
血管を収縮させます。

その結果として、
頭痛が起きることになります。

低血糖症になると、
精神的なイライラが生じるなど
メンタル的な問題や
脳の活動に悪影響を与えるという
問題も起こります。

食後に起きるのは
低血糖の症状は
食後に引き起こされやすいためです。

低血糖症による頭痛は
珍しいケースではありません。

食生活の不規則化などにより、
日本人の40パーセントは低血糖症である
という分析もあります。
低血糖症が多い以上、
それに伴い頭痛が生じることも多い
ということができます。

食後に決まって頭痛が生じる
ということはとても辛いことに加え、
不安感・低血糖症悪化の危険性
などもありえます。

食後に決まって頭痛が生じる場合には、
まずは低血糖症の可能性を
疑ってください。

対処法としては、
普段から炭水化物や
糖分を多めにとる
ことが必要になります。


○片頭痛
片頭痛は、頭の側面が
ズキンズキンと脈動を打って
痛むことが特徴です。

片頭痛が生じるメカニズムは、
完全に解明されているわけでは
ありませんが、
一般には、
セロトニンという物質が影響し、
血管が神経を刺激することが
原因です。

他にも三叉神経という脳の中の神経が、
異常を起こしてしまうことから
ほかの神経へと異常が起きた
という信号が伝わる
ことも原因としてあります。

食後に何らかの理由で、
この片頭痛発作が生じる
身体のリズムになってしまっている場合に
片頭痛が食後に生じることがあります。

対処法としては、
頭を冷やす、カフェインを多めに
摂るなどの方法があります。


○胃の不調
胃腸が働いていない状態で、
食べてしまったことで、
胃の熱や
消化不良により発生したガスが
上に上ってしまい、
頭痛となってしまった
可能性があります。

・胃酸過多になっているのか?
・ガスが溜まっているのか?
・便秘気味でないか?
・おなかがすいていないときに
食べていないか?

これら全てが頭痛の原因となります。

対処法としては、
・深呼吸
・空腹時のみ食事を取る
・口の中に何も入れてない時間を多くとる
・足首をよく回す
・足の裏・ふくらはぎを緩める
などがあります。

posted by かみん at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 特徴〜食後に痛む〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする