頭痛に加え顔も痛い。何が起きているの?

頭痛に加え、顔の痛い。

そんなときもあります。

これには以下の可能性があります。


○顎関節症
かみ合わせの悪さ、
片方だけで咀嚼するなどのクセ、
歯ぎしり、食いしばり、
精神的問題(ストレスなど)
などが原因で起こる病気です。

症状としては、
あごが痛むはもちろんとして、
周辺の頬やこめかみなどが
痛むこともあります。
人によって、
歯が痛い、頭痛や肩こり
という症状を訴えます。

口を大きく開けられないなどの開口障害、
あごを動かすと音がするなどの関節雑音
などによって判断できます。。

対処法としては、
正しいかみ合わせに調整します。

また、癖がある場合には
それを自覚し改善します。
例えば、、
・食事ではやわらかい食品をとり、
小さく切って食べるようにする
・顎の動きを痛くない範囲に制限する
・かみしめ、歯ぎしりなどの癖を矯正し、
常に上下の歯を少し離しておく
・日ごろからストレスを貯めない
・よくかんで食べること


○三叉神経痛
別名「顔面神経痛」。
三叉神経とよばれる
顔に通っている神経の障害で起きます。
血管が動脈硬化などによって膨張し、
三叉神経を圧迫することで
痛みを引き起こすと考えられています。

この三叉神経は三つの枝に分かれています。

第一枝は、
ちょうど眉毛のあたりの頭蓋骨に
あいた小さな穴から出てきて
額から前側頭部に分布します。

第二枝は、
頬のあたりに分布します

第三枝は、
下顎に分布します。

第二枝、第三枝の痛みが多く、
第一枝の痛みは少ないそうです。

治療としては、
薬物療法や手術、
麻酔薬や熱や神経の圧迫等で
神経を一時的に麻痺させるブロック療法、
さらには、
ガンマナイフ治療
(高線量を三叉神経の根元に
照射することによって
ブロックと同等またはそれ以上の効果で
痛みを伝える神経をブロックする方法)
があります。

いずれもストレスが原因だったり
ストレスが拍車をかけていたりします。


posted by かみん at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 併発〜顔も痛い〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする